よくある質問検索サービス
検索結果詳細
日付が「平成31年5月1日」以降の記載がある場合は、「平成31年」を「令和元年」に読み替えていただく
など、新元号への読み替えをお願いいたします。

税金:納税者が死亡しましたが、どうしたらよいですか?

相続人の方が納税義務を承継することになります。
また、亡くなった方のお住まいであった区を管轄する【市税事務所市民税課】に「相続人代表者指定届」を提出してくださるようお願いします。
後日、代表者として届出のあった方に納税通知書をお送りいたします。

<お問い合わせ先>
【各市税事務所市民税課】
 中央市税事務所(電話 011-211-3914) 担当区:中央区
 北部市税事務所(電話 011-207-3914) 担当区:北区、東区
 東部市税事務所(電話 011-802-3914) 担当区:白石区、厚別区
 南部市税事務所(電話 011-824-3914) 担当区:豊平区、清田区、南区
 西部市税事務所(電話 011-618-3914) 担当区:西区、手稲区

※業務時間:月曜〜金曜の8時45分〜17時15分
  閉庁日  :土曜・日曜・祝日・年末年始(12月29日〜1月3日)


関連ホームページ
相続人代表の指定届出
札幌市ホームページ:税の窓口

関連FAQ
1261 死亡した人にも住民税は課税されるのでしょうか?

検索結果に戻る 検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  1260

市役所のどこに聞いたらよいか分からないときは
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp
※上記の検索結果詳細、広報さっぽろ、市民便利帳及び札幌市公式ホームページに掲載されている内容が
基本的な回答範囲です。それ以外の内容については、業務担当課の連絡先をご案内いたします。