よくある質問検索サービス
検索結果詳細
日付が「平成31年5月1日」以降の記載がある場合は、「平成31年」を「令和元年」に読み替えていただく
など、新元号への読み替えをお願いいたします。

住民税が給与から差し引かれるしくみについて知りたい

住民税が給与から差し引かれるしくみは、以下のようになります。

■前年所得課税と特別徴収
住民税は、給与から差し引かれますが、そのしくみは所得税の場合と異なっています。
所得税は、毎月の給与やボーナスなどの金額に応じて源泉徴収される「現年所得課税」の方法がとられているのに対し、住民税は、前年1月から12月までの所得を基礎として計算されます。
これを「前年所得課税」の方法といいます。

前年所得課税の方法により計算された住民税は、当年5月に市町村から各会社(特別徴収義務者)へ通知され、当年6月から翌年5月までの12回で均等に毎月の給与から差し引かれます。
これを住民税の「特別徴収」といいます。

■就職・退職と住民税
住民税は前年所得課税のため、初めて就職したときには、前年中の所得がない場合に限り、就職した年の翌年5月分給与まで差し引かれません。
一方、年の途中で退職したときには、退職したため給与から差し引けなくなった残りの税額を納めていただくことになります。

なお、住民税は、賞与(ボーナス)などの特別な手当からは差し引かれません。

<お問い合わせ先>
【中央市税事務所市民税課特別徴収係】(電話 011-211-3075)

※業務時間:月曜〜金曜の8時45分〜17時15分
  閉庁日  :土曜・日曜・祝日・年末年始(12月29日〜1月3日)


関連ホームページ
札幌市ホームページ:個人市・道民税(住民税)の給与からの特別徴収について
札幌市ホームページ:中央市税事務所

関連FAQ
1433 所得税が給与から差し引かれるしくみについて知りたい

検索結果に戻る 検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  1432

市役所のどこに聞いたらよいか分からないときは
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp
※上記の検索結果詳細、広報さっぽろ、市民便利帳及び札幌市公式ホームページに掲載されている内容が
基本的な回答範囲です。それ以外の内容については、業務担当課の連絡先をご案内いたします。