よくある質問検索サービス
検索結果詳細

円山動物園入園料で減免が受けられる方は

円山動物園の入園料は、以下の人が減免対象となります。
(入園料の減免申請は、人数に関わらず事前に申請が必要です。)
※手帳や証明書などは有効なものに限ります。コピー不可。

■生活保護受給者及び生活保護法に基づく保護施設に入所、通所されている方
○生活保護受給者の方
・減免額:全額
・入園時、証明書等で確認します。

○生活保護法に基づく以下の施設に入所、通所している方が施設単位の団体で来園される場合は減免します。
 救護施設、更生施設、医療保護施設、授産施設、宿所提供施設
・1週間前までに減免申請書を提出してください。
ア 引率者または介護者(ボランティア含む)は、施設入所者、通所者と同数までを減免します。
イ 重度障がい者の方については、お1人につき、引率者または介護者2人まで減免します。

■身体障害者手帳など以下の手帳をお持ちの方
 戦傷病者手帳、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
・減免額:全額
・入園時、手帳の確認をします。
・手帳をお持ちの方お1人につき、介護者1人まで減免します。ただし、重度障がい者の方については、介護者2人まで減免します。
・団体で来園される場合は、1週間前までに減免申請書を提出して下さい。この場合、当日手帳をお持ちいただかなくて結構です。
・病院単位の団体で来園される場合、来園者の半数以上が上記の手帳をお持ちの場合は、これらの手帳を持っていない方も一緒に減免します。お持ちの方が半数を下回る場合は、手帳を持った方のみを減免します。

■社会福祉施設などに入所、通所されている方
 以下の施設、事業所に入所、通所している方が施設、事業所単位または個人で来園される場合は、減免します。
○障害者総合支援法に基づく施設、事業所
 重度訪問介護、重度障害者等包括支援、同行援護、行動援護、生活介護、児童デイサービス、療養介護、短期入所、施設入所支援、共同生活介護、自立訓練、就労移行支援、就労継続支援、共同生活援助、福祉ホーム、移動支援、地域活動支援センター

○児童福祉施設
 助産施設、乳児院、児童厚生施設、母子生活支援施設、児童養護施設、障害児入所施設、児童発達支援センター、情緒障害児短期治療施設、児童自立支援施設、児童家庭支援センター

・減免額:全額
・施設、事業所単位の団体で来園する場合は1週間前までに減免申請書を提出して下さい。
減免対象となる引率者または介護者は以下のとおりです。
ア 引率者または介護者(ボランティア含む)は、施設入所者、通所者と同数までを減免します。
イ 重度障がい者の方については、お1人につき、引率者または介護者2人まで減免します。
ウ 家族遠足の時に介護者として参加する家族の方は、減免します(介護者として参加しない家族の方は有料です)。
・個人で来園する場合は障害福祉受給者証や各施設、事業所が発行した入所、通所証明書を持参ください。証明をお持ちの方1人につき、引率者または介護者1人を減免します。重度障がい者の方については、2人まで減免します。

■札幌市内在住の65歳以上の方
○札幌市内在住の65歳以上の方は減免します。
・減免額:全額
・入園時に住所と年齢、氏名がわかる公的な身分証明書(免許証、保険証など)を確認します。
・車イスを押すなど介護を必要とする方の介護者は、65歳以上の方1人につき1人減免します。
・老人福祉法及び介護保険法に基づく札幌市内の社会福祉施設の方が団体で来られる場合は、1週間前までに減免申請書を提出して下さい。この場合、当日身分証明書をお持ちいただかなくて結構です。減免対象となる施設の引率者または介護者は以下のとおりです。
ア 引率者または介護者(ボランティア含む)は、施設入所者、通所者と同数までを減免します。
イ 重度障がい者の方については、お1人につき、引率者または介護者2人まで減免します。
ウ 家族遠足の時に介護者として参加する家族の方は、減免します(介護者として参加しない家族の方は有料です)。

■小・中学校及びこれに準ずる機関(フリースクール等)の引率者
 減免対象となる引率者は以下のとおりです。なお、児童、生徒は無料です。
・減免額:全額
・1週間前までに都市公園(円山動物園)減免申請書を提出して下さい。
・引率教員は、児童、生徒と同数まで減免します。
・身体障害者手帳等をお持ちの方1人につき、介護者1人を減免します。
・市内の学校が園内で自主活動を行う際の補助を父母が行う場合、減免します。
※高校生は減免対象外です。
※随行するカメラマンは減免対象外です。
※観光バスの運転手、旅行会社添乗員は減免対象です。

■保育園・幼稚園・認定こども園の引率者
 減免対象となる引率者は以下のとおりです。なお、幼児は無料です。
・減免額:全額
・1週間前までに都市公園(円山動物園)減免申請書を提出して下さい。
・引率者は、幼児と同数まで減免します。
・身体障害者手帳等をお持ちの方1人につき、介護者1人を減免します。
※親子遠足の親は有料です。

■博物館協会会員証を有する方
・減免額:全額
・入園時、会員証を確認します。

■動物園の主催・共催する演芸等に出演するため来園する方及び団体
・減免額:全額

■取材のため来園する報道関係者
・減免額:全額
・入園時、証明書等を確認します。

■学習見学のために来園する札幌市内の児童会館、ミニ児童会館、学童保育所、児童育成会の引率者及び中学生以下の子どもを引率する札幌市青少年育成委員
 引率者の方及びイベント等に同行する札幌市青少年育成委員を減免します。なお、児童は無料です。
・減免額:全額
・1週間前までに都市公園(円山動物園)減免申請書を提出して下さい。
・引率者を必要な人数まで減免します。

■札幌市内の外国人留学生
 学校教育法に規定する札幌市内の学校(大学、短期大学、高等専門学校、専修学校)の留学生は減免します。
・減免額:全額
・入園時、学生証もしくは外国人登録証を確認します。

■観光関係
 商工会議所観光ボランティア、札幌観光大使は減免します。
 ツアーや修学旅行などに同行する旅行会社、観光バス会社の運転手、添乗員は減免します。
 北海道観光おもてなしタクシー認定乗務員は認定乗務員証提示により減免します。
・減免額:全額

■札幌観光大使名刺持参者
・減免額:入園料一割
・入園時に札幌観光大使の名刺を確認します。

■その他市長が特に必要と認めるもの及び団体
 その都度定める額が減免されます。

<お問い合わせ先>
【円山動物園】(電話 011-621-1426)(FAX 011-621-1428)


関連ホームページ
団体入園申請について(札幌市円山動物園)
札幌市円山動物園

関連FAQ
129 円山動物園について知りたい
239129 円山動物園入園料の減免について

検索結果に戻る 検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  239128

お問い合わせ
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp
このサービスは電話、FAX、電子メールからもご利用いただけます