よくある質問検索サービス
検索結果詳細

道路工事について知りたい

■区の土木センターと本庁でやっている道路工事はどこが違うのですか?
区が行う道路工事は、道路の全体幅が概ね10m以下で、区内の生活に密着した道路が対象となっています。
一方本庁は一般的に道路幅が広く、一定のエリアとエリアを結んでいるような道路(例:区界を越えてつながっている幹線道路など)を対象に工事を行っています。

■下水、水道、ガスと別々に道路工事をしているが、一緒にやれば一度で済むので、工事費が安くなると思いますが?
下水、水道、ガスなどの各埋設物の更新時期が異なるため、常に一緒に工事を行うことはかえって不経済になるケースが多いためと考えられますが、道路工事を行う場合は、出来るだけ同時期に工事を行うよう、事前に埋設物の管理者と調整を行っています。なお、工事終了後は、特別な場合を除き一定期間道路の掘削が制限されます。

■道道なのにどうして札幌市が工事をしているのですか?
政令指定都市へ移行した昭和47年(1972年)に、道道の管理権限も知事から市長へ移行されたため、市が実態管理を行っています。(根拠:道路法第17条)

■道路にはわたしたちの税金が使われているのですか?
基本的に大規模な工事は国からの補助金(国庫補助金)を基に行っていますが、補助対象外の負担分や、市が独自に行っている小規模な工事などには市税が使われています。

■去年工事していた所を今年も掘るなど、いつも道路工事をしているが、もっと効率的に工事はできないか?
下水、水道、ガスなどの各埋設物の更新時期が異なるため、常に一緒に工事を行うことはかえって不経済になるケースが多いためと考えられますが、道路工事を行う場合は、出来るだけ同時期に工事を行うよう、事前に埋設物の管理者と調整を行っています。

■どういう基準、あるいは優先順位で、道路整備を行うのですか?
定期的に行われる各種の交通量調査(パーソントリップ調査、交通センサス等)を基に、事故履歴や地元要望などを勘案しながら全市的な観点で整備効果を検討して優先順位を決めています。
区毎の予算配分は、未改修の道路延長や地元要望、用地寄付の状況等に応じて決めていますが、区による優先順位はありません。

■歩道が整備されている道路で歩道の工事をしていますが、あらためて工事をする必要があるのですか?
高齢者、身体障がい者などの方が、安心・安全に歩行できるよう、歩行者の往来が多いJRや地下鉄駅、公共施設周辺の歩道で、きつい勾配の緩和や点字ブロックを設置するために行なっています。

■道路工事による通行規制について知りたい
関連ホームページ「通行規制情報」から、「工事及び冬期間による通行規制箇所」をご覧になれます。

<お問い合わせ先>
【建設局土木部工事課】(電話 011-211-2618)

【各区土木センター(維持管理課)】業務時間:月〜金曜日 8時45分〜17時15分(土・日曜、祝日は休み)
 中央区土木センター(代表電話 011-614-5800)
 北区土木センター (代表電話 011-771-4211)
 東区土木センター (代表電話 011-781-3521)
 白石区土木センター(代表電話 011-864-8125)
 厚別区土木センター(代表電話 011-897-3800)
 豊平区土木センター(代表電話 011-851-1681)
 清田区土木センター(代表電話 011-888-2800)
 南区土木センター (代表電話 011-581-3811)
 西区土木センター (代表電話 011-667-3201)
 手稲区土木センター(代表電話 011-681-4011)

※休日・時間外のお問い合わせ先(道路の維持管理・公園に関する緊急問い合わせ)
【道路情報管理室】(電話 011-708-0303)


関連ホームページ
道路の整備
建設局工事情報公開web

関連FAQ
437691 工事情報公開Webサイトについて知りたい
437693 建築工事現場に確認の表示がされていない場合のお問い合わせ

検索結果に戻る 検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  256

お問い合わせ
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp