よくある質問検索サービス
検索結果詳細
日付が「平成31年5月1日」以降の記載がある場合は、「平成31年」を「令和元年」に読み替えていただく
など、新元号への読み替えをお願いいたします。

奨学金制度について知りたい

札幌市では、以下のような奨学金制度を設けています。

■奨学金制度
能力があるにもかかわらず、経済的理由で修学が困難な学生、生徒のための制度です。
大学、高等専門学校、高等学校、専修学校(制限あり)に在籍し、学業成績の優秀な方が対象になります。
障がいがありながら高校・大学等に通われている方(ただし、身体障がい者手帳の交付を受けている方に限り
ます)及び定時制課程の高校に通われている方を優先的に採用する枠があります。
書類審査があります。

<対象>
次の要件を満たす方
・本人か親などが市内に在住
・国公立、私立の大学・短大・専修(専門)・高校・高専・専修(高等)の学校(専修学校は2年制以か3年制以上の高等課程のみ)に在学している(9月の募集では進学予定である)こと。
・学資に乏しく学業が優秀で奨学生にふさわしい

<支給額>
関連ホームページをご確認ください。
奨学資金、入学支度資金とも返済義務はありません。

<申請時期>
広報さっぽろ9月号(進学予定者対象)、3月号(在学者対象)に掲載されますのでご確認ください。

<お問い合わせ先>
【教育委員会学校教育部教育推進課学事係】札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル(電話 011-211-3851)

■特別奨学金制度
低所得世帯の自立更正を図るため、技能修得を目的とした普通科以外の高校、または専修学校高等課程などに在学する生徒を対象に支給します。
お住まいの区の区役所【保健福祉課】へ直接お申込ください。
受給中の方も、再度申請が必要です。収入額などにより選考があります。

<対象>
次の要件を満たす方
・現に生活保護を受けているか、又は生活保護を必要とする状態(収入が生活保護基準の15割以内)にある世帯の生徒
・技能の習得を目的とする専修学校、各種学校及び普通科以外の高校に学ぶ生徒
・生徒本人又はその養育者が札幌市民であること

<支給額>
技能修得資金(学校において技能を習得するのに必要な資金)=月額5,000円(公立)、8,000円(私立)
入学支度資金(入学する際に直接必要な資金)=10,000円(公立)、15,000円(私立)

技能習得資金、入学支度資金とも返済義務はありません。

<定員>
各学年(定時制4年生を含む)60人程度

<申請時期>
毎年11月16日〜12月15日

<お問い合わせ先>
【子ども未来局子育て支援部子育て支援課】
 札幌市中央区大通東1丁目 大通バスセンタービル1号館(電話 011-211-2988)

その他、札幌市で行っているもの以外では、【独立行政法人 日本学生支援機構】(平成16年4月1日、日本育英会の奨学事業などを整理・統合し、誕生)の奨学金事業があります。申し込みに関するお問い合わせは、在学する学校の奨学金担当窓口までお願いします。


関連ホームページ
札幌市奨学金
特別奨学金
独立行政法人日本学生支援機構

関連FAQ

検索結果に戻る 検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  364

市役所のどこに聞いたらよいか分からないときは
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp
※上記の検索結果詳細、広報さっぽろ、市民便利帳及び札幌市公式ホームページに掲載されている内容が
基本的な回答範囲です。それ以外の内容については、業務担当課の連絡先をご案内いたします。