よくある質問検索サービス
検索結果詳細
日付が「平成31年5月1日」以降の記載がある場合は、「平成31年」を「令和元年」に読み替えていただく
など、新元号への読み替えをお願いいたします。

さっぽろ天神山アートスタジオについて知りたい

平成26年5月31日に豊平区平岸の天神山緑地に「さっぽろ天神山アートスタジオ」が開館しました。
この施設では、アーティスト等が滞在しながら創作活動を行い、また市民とアーティストが交流するワークショップ等を開催しています。市民が使える貸室もあります。

■所在地:札幌市豊平区平岸2条17丁目1-80 (天神山緑地内)

■アクセス:
<地下鉄>
札幌市営地下鉄南北線「澄川駅」西出口または北出口より徒歩11分
札幌市営地下鉄南北線「南平岸駅」西出口より徒歩14分
<バス>
じょうてつバス[環56]に乗車し「平岸1条16丁目」下車、徒歩8分
<飛行機>
新千歳空港から空港連絡バス[円山バスターミナル行き]に乗車し、「地下鉄澄川駅前」にて下車、施設まで徒歩11分(計約70分)
新千歳空港からJRに乗車し「札幌駅」にて下車、地下鉄南北線「さっぽろ駅」より乗車し、「澄川駅」にて下車、施設まで徒歩11分(計約70分)

■開館時間:午前8時45分〜午後9時00分

■休館日:毎週月曜日(月曜日が祝・休日の場合は翌平日)及び年末年始(12月29日〜1月3日)

■専用駐車場:なし(身体に障がいがある方などで車での来館が必要な方は要事前連絡)

■電話番号:011-820-2140

■施設概要
1階:交流スタジオ(有料)、交流サロン、談話交流スペース、展示スペース、事務室、トイレなど
2階:滞在スタジオ(有料)など

■問い合わせ先
(施設案内、使用申込について)
【さっぽろ天神山アートスタジオ】(電話 011-820-2140)

≪よくあるご質問≫
Q1. 駐車場はありますか。
施設専用の駐車場はありません。公共交通機関のご利用をお願いします。
ただし、身体障がい等の理由で車で来館される方につきましては事前にご相談ください。

Q2. 施設にはどのような設備がありますか。
1階には、無料で使える休憩スペース、トイレの他、有料のスペースとして「交流スタジオ」があります。「交流スタジオ」は3室(72u、71u、60u)あります。
2階には「滞在スタジオ」が13室(19uが6室、53uが6室、73uが1室)あります。

Q3. 施設は誰が使えるのですか。
1階の休憩スペース(無料)、トイレの他、交流スタジオ(有料)は、どなたでも、作品制作や、サークル活動、会議、研修会等のために使っていただけます。
2階の滞在スタジオ(有料)は、アーティストやアートに関わる仕事をされる方が、作品制作等のために使うことができます。

Q4. スタジオの使用料は。
[1階]
交流スタジオA,B,C(1室あたり)
午前9時00分から正午まで 1,700円
午後1時00分から午後5時00分まで 2,000円
午後6時00分から午後9時00分まで 2,600円
午前9時00分から午後9時00分まで 5,200円
[2階]
午前11時00分から翌日の午前10時00分
(使用者が当該施設の使用を中断することなく、更に継続して使用する場合においては、翌日の午前11時00分)
滞在スタジオA 770円
滞在スタジオB 2,130円
滞在スタジオC 2,930円

滞在スタジオは、長期間連続使用する場合、使用料の逓減(ていげん)があります。

Q5. スタジオの使用申請の仕方は。
施設で配布している申請書またはホームページからダウンロードした申請書を、施設の窓口に提出、又はEメール、FAXで提出してください。申請書の内容を確認後、申請の承認を行います。

<お問い合わせ先>
【市民文化局文化部文化振興課】(電話 011-211-2261)


関連ホームページ

関連FAQ

検索結果に戻る 検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  435919

市役所のどこに聞いたらよいか分からないときは
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp
※上記の検索結果詳細、広報さっぽろ、市民便利帳及び札幌市公式ホームページに掲載されている内容が
基本的な回答範囲です。それ以外の内容については、業務担当課の連絡先をご案内いたします。