よくある質問検索サービス
検索結果詳細
日付が「平成31年5月1日」以降の記載がある場合は、「平成31年」を「令和元年」に読み替えていただく
など、新元号への読み替えをお願いいたします。

成人男性を対象とした風しん抗体検査(追加的対策)について知りたい

 風しん予防のため、風しん抗体の低い世代の男性を対象に、無料で風しん抗体検査・予防接種を実施しています。
昭和47年4月2日〜昭和54年4月1日生まれの方はクーポン券をお送りしております。
昭和37年4月2日〜昭和47年4月1日生まれの方は以下関連ホームページからクーポン券の発行申請が必要となります。
・「風しんの追加的対策に伴う抗体検査・定期予防接種」クーポン申請

■受診方法
クーポン券が届きましたら、「クーポン券」と「住所が確認できる書類(免許証など)」を集合契約参加医療機関に持参して抗体検査を受けてください(クーポン券がないと検査は受けられません)。

集合契約参加医療機関は以下関連ホームページで確認可能です。
・風しんの追加的対策について(厚生労働省ホームページ)
・風しん抗体検査・予防接種(追加的対策)(札幌市公式ホームページ)
 ※札幌市のホームページは市外医療機関及び健診機関を除く

◎医療機関は予約が必要となる場合もありますので、事前にお電話にてクーポン券の使用についてお伝えください。

≪よくある質問≫
Q.どうして昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性にはクーポン券を発送せずに、申請が必要となるのでしょうか。
A.令和元年度は、事業開始当初に検査希望者が集中して混乱を招くリスクを避けるため、まずは対象者の中で患者発生数が多い若年層に発送いたします。ただし、昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性についても希望者は抗体検査を受けることができるよう申請を受け付けております。
なお、令和2年度以降のクーポン配付対象者は未定であり、追って国から示される予定です。

Q.他市町村で抗体検査を受けることはできますか。
A.クーポンを持参すれば全国の医療機関で受けることができます。受けられる市外の医療機関は関連ホームページ「風しんの追加的対策について」からご確認いただくか、各自治体にお問い合わせください。

Q.札幌市に転入してきましたが、転入前の市町村からクーポン券を受け取っています。このまま使用できますか。
A.転入前のクーポン券は使用できません。
昭和47年4月2日〜昭和54年4月1日生まれの方の方には転入後、順次クーポン券を発送しますが、お急ぎの場合は関連ホームページ「「風しんの追加的対策に伴う抗体検査・定期予防接種」クーポン申請」からご申請ください。
また、昭和37年4月2日〜昭和47年4月1日生まれの方は、同ホームページから申請をお願いします。

Q.クーポン券発送対象者ですが、クーポン券が届いていません。
A.下記担当にお問い合わせください。

Q.クーポン券を紛失してしまいました。再発行はできますか。
A.可能です。関連ホームページ「「風しんの追加的対策に伴う抗体検査・定期予防接種」クーポン申請」において、再発行のボックスにチェックをつけたうえでご申請ください。

Q.クーポン券の有効期限はいつまでですか。
A.今年度発行する抗体検査のクーポン券の有効期限は今年度末(2020年3月)までとなっております。今年度中に抗体検査を受けることができず、来年度以降に抗体検査を希望される場合は、来年度クーポン券の申請をしていただく必要があります。
なお、予防接種クーポン券の有効期限は2022年3月までとなっています。

Q.クーポン券は、なぜ3種類あるのでしょうか
A.クーポン券は、抗体検査時に使用するもの、予防接種時(予防接種予診のみと予防接種)に使用するものが、
それぞれ3種類(医療機関用、自治体用、ご本人控え)含まれたシールとなっています
医療機関へは、全てそのままお持ちいただきますようお願いいたします。

Q.「風しんにかかったことがあるかはっきりしない」「風しんにかかったことはあるが抗体があるか検査したい」場合、検査を受けてもいいでしょうか。
A.平成26年4月1日以降に風しん抗体検査を受けたことがあり、かつ、抗体陰性の記録がある方以外は、抗体検査を受けていただけます。指定の医療機関でクーポン券を持参の上受検してください。

Q.抗体検査を受けずに、無料の予防接種を受けることはできますか?
A.できません。抗体検査を受けずに予防接種を受けた場合は、任意予防接種となり、全額自己負担となります。
ただし、平成26年4月1日以降に受けた抗体検査で抗体価が基準値以下であれば、抗体検査を受けなくても無料の予防接種の対象となります。無料の予防接種を受ける際は、検査方法と検査値が記入された証明書が必要です

Q.過去に風しん抗体検査を受けたことはありますが、検査結果の用紙を紛失してしまいました。無料の抗体検査を受けることはできますか?
A.抗体検査の証明書がない場合は、クーポン券を使用して無料の抗体検査を受けられます。

Q.対象年齢の男性ですが、過去に任意接種として風しんの予防接種を受けました。今回の無料の抗体検査と定期予防接種の対象となりますか?
A.希望すれば、無料の抗体検査の対象となります。また、抗体検査の結果、十分な抗体がなければ無料の予防接種の対象となります。

Q.予防接種を自費で受ける場合の費用はいくらでしょうか?
A.風しん予防のワクチンは、「風しんのみ」と「麻しん・風しん混合(MR)」の2種類があります。「麻しん・風しん混合(MR)」ワクチンを用意している医療機関がほとんどです。予防接種ができる費用は、各医療機関によって異なり、多くの医療機関が予約制です。
 費用は、「風しんのみ」のワクチンが8000円前後、「麻しん・風しん混合(MR)」ワクチンが1万円前後となっており、ワクチンの用意がない場合もありますので、受診を予定している医療機関に直接お問い合わせくださいますようお願いします。(風しん抗体検査を自費で受ける場合の費用は7000円前後と聞いています。医療機関に直接お問い合わせくださいますようお願いします。)

Q.クーポン券が届く前に(クーポン券を使用せずに)お金を払って抗体検査(又は予防接種)を受けました。お金は戻ってきますか?
A.費用の払い戻しはしておりません。

<お問い合わせ先>
【札幌市保健所感染症総合対策課】(電話 011-622-5199)


関連ホームページ
風しん抗体検査・予防接種(追加的対策)
「風しんの追加的対策に伴う抗体検査・定期予防接種」クーポン申請
風しんの追加的対策について(厚生労働省)

関連FAQ
439451 風しん抗体検査について知りたい
434348 風しんについて聞きたい

検索結果に戻る 検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  442466

市役所のどこに聞いたらよいか分からないときは
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp
※上記の検索結果詳細、広報さっぽろ、市民便利帳及び札幌市公式ホームページに掲載されている内容が
基本的な回答範囲です。それ以外の内容については、業務担当課の連絡先をご案内いたします。