よくある質問検索サービス
検索結果詳細

札幌市民ホールについて知りたい、市民会館の閉館について

■市民ホール
旧市民会館の跡地に、平成20年(2008年)12月13日(土)にオープンしました。平成27年4月1日からはネーミングライツの導入により、愛称が「わくわくホリデーホール」となっています。ホール・会議室の利用についての詳細は関連ホームページをご覧ください。
所在地   :札幌市中央区北1条西1丁目(旧市民会館跡地)
ホール座席数:1,500席(他に車椅子用スペース16席分)
楽屋数   :4室(分割使用の場合6室)
会議室数  :5室(分割使用の場合6室)
休館日   :年末年始(12月29日〜1月3日)、施設メンテナンスのために臨時に休館することがあります
利用時間  :ホール 9時00分〜22時00分、会議室 9時00分〜21時00分
       ※利用時間には、準備時間、撤去時間等、全ての時間が含まれています。
<お問い合わせ先>利用申込及びホール使用の事前打ち合わせ等に関するお問い合わせは
【札幌市民ホール】札幌市中央区北1条西1丁目(電話 011-252-3700)
【教育委員会生涯学習部生涯学習推進課】(電話 011-211-3871)

■市民会館の閉館について
市民会館は、平成17年度に建物現況調査を実施した結果、建物自体の老朽化が進行しており、また、耐震性能も不足していることが判明しました。
建物自体の老朽化の進行を考えますと、多くの費用をかけて大規模改修を実施しても、長期間使用できるか不確定であることから、平成19年(2007年)3月末をもって閉館いたしました。

■市民会館の後継施設
 平成21年3月に策定した札幌市文化芸術基本計画に基づき、閉館した市民会館の後継施設として(仮称)市民交流複合施設を整備し、後継施設完成までの暫定施設として札幌市民ホールの整備を開始しました。
 その後、平成25年5月に策定した(仮称)市民交流複合施設整備基本計画に基づき、札幌市民ホールを市民会館の後継施設として、(仮称)市民交流複合施設を老朽化しているさっぽろ芸術文化の館の後継施設として位置付けました。
 (仮称)市民交流複合施設は、平成27年7月札幌市民交流プラザと名称され、札幌創世1.1.1区(そうせいさんく)北1西1地区市街地再開発事業にて建設が進められています。札幌市民交流プラザについては、【市民文化局文化部文化振興課】にお問い合わせください。
<お問い合わせ先>
【市民文化局文化部文化振興課】(電話011-211-2715)


関連ホームページ
札幌市民ホール(指定管理者 大和リース株式会社)
札幌市の生涯学習:札幌市民ホール
都心まちづくりのホームページ:(仮称)市民交流複合施設

関連FAQ

検索結果に戻る 検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  309245

お問い合わせ
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp
このサービスは電話、FAX、電子メールからもご利用いただけます