よくある質問検索サービス
検索結果詳細

所得税の確定申告について知りたい

所得税の確定申告は毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得について、翌年2月16日から3月15日(※)までの間に各税務署に提出することになっています。(※3月15日が土・日曜、祝日の場合は翌平日が提出期限日となります。)
必要な書類などは申告の内容により異なりますので、【各税務署】へご相談ください。

■還付申告について
確定申告をしなくてもよい人でも、多額の医療費を支払った場合や災害や盗難にあった場合、年の途中で退職し再就職をしていない場合など、源泉徴収された所得税が年間の所得について計算した所得税額より多いときや、マイホームを住宅ローンで取得した場合などは、確定申告をすることによって、源泉徴収された所得税が戻ってくる場合があります。
この申告を「還付申告」といいます。
還付申告書は、所得税が納め過ぎになっている年の翌年2月15日以前でも提出することができます。
申告は提出できる日から5年間行うことができますが、なるべくお早めに提出してください。

■所得税の確定申告をし忘れた場合について
確定申告を期限内に行うことを忘れた場合でも、気が付いたら直ちに確定申告をしてください。
この場合の申告を「期限後申告」といい、この期限後申告は、なるべく早めに申告することをお勧めします。
調査を受けたあとで期限後申告をしたり、申告をしないために【税務署】から所得金額の決定を受けたりすると、それによって納める税額のほかに15%または20%の無申告加算税あるいは40%の重加算税がかかります。
ただし、【税務署】の調査を受ける前に自主的に期限後申告をしたときは、この無申告加算税が5%となります。
期限後申告によって納める税額は、申告書を提出する日までに納めてください。
また、納付の日までの延滞税を併せて納付する必要があります。

<お問い合わせ先>
【各税務署】業務時間:平日の月〜金曜日、8時30分〜17時00分

【札幌中税務署】札幌市中央区大通西10丁目 札幌第2合同庁舎(電話 011-231-9311)
 管轄:中央区のうち、(大通、北1条〜北5条、南1条〜南8条)の西1丁目〜西10丁目、北6条西10丁目、(大通、北1条〜北5条、南1条〜南7条)の東各丁目

【札幌北税務署】札幌市北区北31条西7丁目3番1号(電話 011-707-5111)
 管轄:北区、東区、石狩市、石狩郡(当別町・新篠津村)

【札幌東税務署】札幌市厚別区厚別東4条4丁目8番8号(電話 011-897-6111)
 管轄:白石区、厚別区、江別市

【札幌南税務署】札幌市豊平区月寒東1条5丁目3番4号(電話 011-555-3900)
 管轄:豊平区、南区、清田区、千歳市、恵庭市、北広島市

【札幌西税務署】札幌市西区発寒4条1丁目7番1号(電話 011-666-5111)
 管轄:西区、手稲区、【札幌中税務署】の管轄以外の中央区


関連ホームページ
国税庁タックスアンサー:申告と納税
国税庁ホームページ

関連FAQ
1276 税金:所得税の確定申告書の用紙はどこで入手できますか?

検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  17858

お問い合わせ
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp