よくある質問検索サービス
検索結果詳細

敬老優待乗車証(敬老パス)の追加交付と納入金返還について教えてください

◆◆敬老優待乗車証(敬老パス)の追加交付と納入金返還について教えてください◆◆

■追加交付について
平成28年(2016年)の3月交付対象者のうち、当初6枚(6万円)までの交付を受けた方(申請しなかった方を含みます。)は、当初の申請との合計が7万円の範囲内で、申請期間中に1回に限り追加交付を受けることができます。
(例:3枚交付済み→4枚まで追加可能)

○申請期間:平成28年(2016年)8月1日(月)〜平成29年(2017年)1月10日(火)(必着)
※平成27年度の追加交付の申請期間については平成28年1月8日(金)をもって終了しております。(交付は平成28年2月12日(金)まで)

○申請方法
平成28年2月に送付した申請案内同封の追加交付用申請書(ピンク色)に記入日・住所・申請者氏名・電話番号・必要枚数を記入して、申請期間内(8月1日〜翌年1月10日必着)に返送してください。
追加交付用の申請書の宛名は、【各区保健福祉課】となっています。
その後、納入通知書を順次送付しますので、指定の郵便局で納入金を納入し、交付を受けて下さい。
8月9日(区役所必着)までに届いた申請分は9月上旬に、それ以降に届いた申請分(最終受付平成29年1月10日必着分まで)は、9月中旬以後順次お届けします。(最終の送付は平成29年1月末を予定しております。)
※納入通知書は申請してから送付までに3週間程かかる場合があります。
※【各区保健福祉課】窓口に直接持参する場合は、必要事項を記入した追加交付用申請書(ピンク色)をお持ちください。
○受取期間
平成28年(2016年)10月上旬までに申請した方につきましては、10月末日までは市内の郵便局のうちご自宅近くの指定の郵便局で交付を受けることが可能です。それ以降の申請になりますと、11月以降に市内13ヵ所の郵便局のうち指定の郵便局での交付となります。なお、交付は平成29年2月15日をもって終了となります。
※平成29年(2017年)2月15日を過ぎると、追加交付分を受け取ることができません。必ず期間内に指定の郵便局でお受け取り下さい。
※11月以降の受け取り郵便局は、10月末日までの時よりもご自宅から遠くなる場合があります。また、10月末日納期限の納入通知書は、11月以降の受け取りにはご利用いただけませんので、10月末日納期限の納入通知書をお持ちの方で、11月以降に受け取りを希望される方は、区役所までご連絡ください。

<注意事項>
平成28年2月に送付した申請書類の中に追加交付の申請書(ピンク色)を同封しています。白のハガキは2月の当初申請に使用する申請書で、ピンク色のハガキが追加交付に使用する申請書です。

★追加交付の申請書(ピンク色)を無くしてしまった場合
お住まいの区の【保健福祉課給付事務係】で申請書の再交付ができます。ご本人が来庁できる場合は申請手続きができますので、本人確認書類(健康保険証など)をお持ちください。
※窓口での手続きが困難な方は、郵送で申請書の再交付ができます。郵送による申請書の再交付を希望する場合や、代理の方が手続きする場合など、詳しくはお住まいの区の【保健福祉課給付事務係】にお問い合わせください。

★追加交付の申請書に「対象者番号」は記載しないでください。
なお、【保健福祉課給付事務係】から問い合わせをさせていただく場合がありますので、電話番号は忘れずにご記入下さい。

Q:追加交付の申請を合計7万円の範囲内でしたいのですが、当初の交付枚数を忘れてしまった場合はどうしたらよいでしょうか?
A:お住まいの区の【保健福祉課給付事務係】へお問い合わせください。


■利用者納入金返還について
1万円単位の乗車証(乗車カード・乗車券)が未使用の場合、手続き期間内に乗車証の返還手続きをすることで、利用者納入金が返還されます。
一度でも使用した乗車証は返還できません。
○手続き場所:お住まいの区の【保健福祉課給付事務係】
○手続き期間
 平成28年(2016年)4月30日が有効期限の未使用乗車証・・・平成28年(2016年)5月31日まで
 平成29年(2017年)4月30日が有効期限の未使用乗車証・・・平成29年(2017年)5月31日まで
 ※返還期間は乗車証の裏面に記載。
○持参する物:・返還する未使用の敬老優待乗車証(穴の開いていないカード)
       ・保険証や免許証など、ご本人であることが確認できるもの。
       ・通帳など交付を受けた方の振込先の口座番号のわかるもの。
        ※ゆうちょ銀行の場合、振込用の店名・預金種目・口座番号が必要です。
○手続き後:返還先口座への入金までには、手続きの日から1〜2か月程度かかりますので、あらかじめご了承ください。
     
<注意事項>
※返還の申請は年1回のみとなりますので、くれぐれもご注意ください。
※返還した場合は、その後の追加交付はできません。
※交付を受けた後に市内で転居した場合は、できるだけ、前住所地の【区役所保健福祉課給付事務係】で手続きして下さい。
 ただし、前住所地での手続きが難しい場合は、新しい住所地でも結構です。

Q:代理人が返金申請手続きをする場合は何が必要ですか?また委任状は必要ですか?
A:
(1) 本人の口座に振り込む場合は、委任状は必要ありません。
この場合は、未使用の敬老優待乗車証、本人名義の預金通帳またはコピー、代理人の身分を確認できるものをご持参ください。

(2) 本人以外の口座に振り込む場合は、委任状が必要になります。
この場合は、委任状、未使用の敬老優待乗車証、代理人名義の預金通帳またはコピー、代理人の身分を確認できるもの、代理人の印鑑をご持参ください。

Q:本人が亡くなった場合、返還手続きには何が必要ですか?
A:未使用の敬老優待乗車証、3親等以内の親族名義の預金通帳またはコピー、親族の身分を確認できるもの、親族の方の印鑑をご持参ください。

Q:6月に返還をしたのですが、8月以降に追加交付の申請はできますか?
A:乗車証の返還後に追加交付の申請はできません。

■保護ラベルについて
平成28年2月に申請書送付の際、保護ラベルを同封しています。
保護ラベルは、申請書の内容を保護するためのものですので申請書に必要事項を記入後、住所・申請書氏名欄を覆うように貼ってください。また、保護ラベルは2枚同封されており、1枚は当初申請用、1枚は追加交付申請用となります。


<お問い合わせ先>
【各区保健福祉課給付事務係】
 中央区役所 (直通電話 011-205-3303)
 北区役所  (直通電話 011-757-2463)
 東区役所  (直通電話 011-741-2462)
 白石区役所 (直通電話 011-861-2448)
 厚別区役所 (直通電話 011-895-2478)
 豊平区役所 (直通電話 011-822-2454)
 清田区役所 (直通電話 011-889-2040)
 南区役所  (直通電話 011-582-4742)
 西区役所  (直通電話 011-641-6944)
 手稲区役所 (直通電話 011-681-2491)

【保健福祉局高齢保健福祉部高齢福祉課】(電話 011-211-2976)


関連ホームページ
敬老優待乗車証の交付

関連FAQ
341125 敬老優待乗車証(敬老パス)の基本事項について知りたい
341126 敬老優待乗車証(敬老パス)の申請方法について知りたい
341127 敬老優待乗車証(敬老パス)の交付手続きについて知りたい

検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  283085

お問い合わせ
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp
このサービスは電話、FAX、電子メールからもご利用いただけます