よくある質問検索サービス
検索結果詳細

敬老優待乗車証(敬老パス)の追加交付と納入金返還について教えてください

◆◆敬老優待乗車証(敬老パス)の納入金返還について教えてください◆◆

■平成28年度分の敬老優待乗車証(乗車カード・乗車券)の返還について
平成28年度分の乗車証(乗車カード・乗車券)が1万円単位で未使用の場合、手続き期間内に乗車証の返還手続きをすることで、利用者納入金が返還されます。
一度でも使用した乗車証は返還できません。
○手続き場所:お住まいの区の【保健福祉課給付事務係】
○手続き期間
 平成29年(2017年)4月30日が有効期限の未使用乗車証・・・平成29年(2017年)5月31日まで
 ※返還期間は乗車証の裏面に記載。
○持参する物:・返還する未使用の敬老優待乗車証(穴の開いていないカード)
       ・保険証や免許証など、ご本人であることが確認できるもの。
       ・通帳など交付を受けた方の振込先の口座番号のわかるもの。
        ※ゆうちょ銀行の場合、振込用の店名・預金種目・口座番号が必要です。
○手続き後:返還先口座への入金までには、手続きの日から1〜2か月程度かかりますので、あらかじめご了承ください。
     
<注意事項>
※返還の申請は年1回のみとなりますので、くれぐれもご注意ください。
※返還した場合は、その後の追加交付はできません。
※交付を受けた後に市内で転居した場合は、できるだけ、前住所地の【区役所保健福祉課給付事務係】で手続きして下さい。
 ただし、前住所地での手続きが難しい場合は、新しい住所地でも結構です。

■平成29年度以降の敬老優待乗車証(ICカード、乗車券)の返還について
敬老優待乗車証の交付対象者ではなくなった場合(死亡・市外転出等)、乗車証の返還手続きを行っていただく必要があります。手続を行うことで、利用者納入金が返還されます。
○手続き場所:お住まいの区の【保健福祉課給付事務係】
○手続き期間:なし(交付対象外となった以降いつでも)
○持参する物:・返還する敬老優待乗車証
       ・保険証や免許証など、ご本人であることが確認できるもの。
       ・通帳など交付を受けた方の振込先の口座番号のわかるもの。
        ※ゆうちょ銀行の場合、振込用の店名・預金種目・口座番号が必要です。
○手続き後:返還先口座への入金までには、手続きの日から1〜2か月程度かかりますので、あらかじめご了承ください。


■よくある質問(平成28年度、平成29年度以降共通)
Q:代理人が返金申請手続きをする場合は何が必要ですか?また委任状は必要ですか?
A:
(1) 本人の口座に振り込む場合は、委任状は必要ありません。
この場合は、未使用の敬老優待乗車証、本人名義の預金通帳またはコピー、代理人の身分を確認できるものをご持参ください。

(2) 本人以外の口座に振り込む場合は、委任状が必要になります。
この場合は、委任状、未使用の敬老優待乗車証、代理人名義の預金通帳またはコピー、代理人の身分を確認できるもの、代理人の印鑑をご持参ください。

Q:本人が亡くなった場合、返還手続きには何が必要ですか?
A:未使用の敬老優待乗車証、3親等以内の親族名義の預金通帳またはコピー、親族の身分を確認できるもの、親族の方の印鑑をご持参ください。     

<お問い合わせ先>
【各区保健福祉課給付事務係】
 中央区役所 (直通電話 011-205-3303)
 北区役所  (直通電話 011-757-2463)
 東区役所  (直通電話 011-741-2462)
 白石区役所 (直通電話 011-861-2448)
 厚別区役所 (直通電話 011-895-2478)
 豊平区役所 (直通電話 011-822-2454)
 清田区役所 (直通電話 011-889-2040)
 南区役所  (直通電話 011-582-4742)
 西区役所  (直通電話 011-641-6944)
 手稲区役所 (直通電話 011-681-2491)

【保健福祉局高齢保健福祉部高齢福祉課】(電話 011-211-2976)


関連ホームページ
敬老優待乗車証の交付

関連FAQ
341125 敬老優待乗車証(敬老パス)の基本事項について知りたい
341126 敬老優待乗車証(敬老パス)の申請方法について知りたい
341127 敬老優待乗車証(敬老パス)の交付手続きについて知りたい

検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  283085

お問い合わせ
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp
このサービスは電話、FAX、電子メールからもご利用いただけます