よくある質問検索サービス
検索結果詳細

敬老優待乗車証(敬老パス)の交付手続きについて知りたい

◆◆敬老優待乗車証(敬老パス)交付手続きについて
申請書をご提出いただきますと、後日お住まいの区の【区役所保健福祉課給付事務係】から敬老ICカード及び納付書をお送りします。

■敬老ICカード及び納付書の到着時期
申請いただいてから2〜3か月後の月末に敬老ICカードと納付書をお送りします。
※年度末(1月申請)のみ、敬老ICカードは3月末、納付書は4月初頭に送付します。

■チャージ場所
札幌市内の郵便局(簡易郵便局を除く)

■チャージ手続き可能時間
平日 9時00分〜16時00分(一部郵便局は除く)。
※年度当初(4月上旬〜中旬)は混雑いたします。混雑している場合には日を改める等、混雑緩和にご協力ください。
※土・日曜日、祝日、年末年始(12月31日、1月1日〜3日)はチャージを行っておりません。

■チャージ手続きに必要なもの
送付された敬老ICカード及び納付書、利用者負担金、本人確認書類(健康保険証など)※納付書は切り離すことなく、すべてご持参ください。

■チャージ可能な期間
納付書送付〜3月末日(末日が休業日の時は直近の営業日)までチャージ可能です。4月以降は、新年度分の納付書を新たにお送りしますので、そちらを使ってすでにお持ちの敬老ICカードにチャージしてください。

■ICカード・チャージ・ポイントとは
「IC」とは、「Integrated Circuit(インテグレイテッド サーキット。集積回路の意)」の略称で、ICチップを埋め込んだカードのことです。
今回交付する敬老ICカードは、ポイントをチャージすることでそのポイントを交通機関の乗車料金の代わりとして利用することができます。
チャージとは、利用者負担金の支払い金額に応じて、敬老ICカードに入金することを言います。
ポイントとは、敬老ICカードの中でのお金の単位のことです。200ポイントで200円分の運賃として対象の交通機関で利用できます。

■敬老ICカードの再交付について
敬老ICカードを紛失、盗難又は破損した場合、再交付することが可能です。
●カードがお手元にない場合(紛失、盗難など)お住まいの区の【保健福祉課給付事務係】またはお近くの地下鉄駅窓口で再交付・カード使用停止のお申し込みいただきますと、後日区役所からご自宅に再発行費用を支払うための納入通知書が郵送で届きます。納入通知書に記載されている金融機関でお支払いの上、領収書及び本人確認書類をお持ちになってお住まいの区の【保健福祉課給付事務係】にお越しください(代理の方が受け取る場合は委任状も持参ください)。
●カードがお手元にある場合
お住まいの区の【保健福祉課給付事務係】またはお近くの地下鉄駅窓口で再交付・カード使用停止をお申し込みいただき、翌営業日以降、本人確認書類及び使えなくなったカードをお持ちになってお住まいの区の【保健福祉課給付事務係】にお越しください(代理の方が受け取る場合は委任状も持参ください)。なお、別途再交付費用が必要となる場合がありますのでご注意ください。
※再交付したカードには、申込をしたときに敬老ICカードに残っているポイントが引き継がれます。

≪よくあるご質問≫
Q:対象者が都合によりチャージに行くことができないが、代理のものでもかまわないのでしょうか?
A:代理の方がチャージを行うことは可能です。納付書に委任状を同封しておりますので、必要事項を記載してチャージを行ってください。チャージの際、代理人の方の本人確認書類(健康保険証や免許証など)、敬老ICカード、納付書、委任状の4点をご持参ください。※本人確認書類の例:各種健康保険証、後期高齢者医療被保険者証、介護保険被保険者証、運転免許証、特別永住者証明書、身体障害者手帳など

Q:納付書を切り離してしまったのですがどうしたらよいでしょうか?
A:すべての用紙が揃った状態であれば、チャージを行うことができますが、納付書は番号順に使用する必要があるため、1枚でも紛失された場合は再発行手続きが必要です。お住まいの区の【区役所保健福祉課給付事務係】にご連絡ください。

Q:負担金は銀行や区役所の窓口では納められないのでしょうか?
A:敬老ICカードへのチャージは札幌市内の郵便局で行います。同様に負担金の支払いも札幌市内の郵便局で行っていただく必要があります。

Q:納付書をなくしてしまったのですが?
A:納付書の再発行手続きが必要です。お住まいの区の【区役所保健福祉課給付事務係】にご連絡ください。

Q:負担金を支払った際に領収証は発行されるのでしょうか?
A:発行されます。

Q:敬老優待乗車証を拾いました。どうしたらよいですか?
A:お近くの交番、警察署か各地下鉄駅事務室までお届けください。もしくは、【高齢福祉課】(電話 011-211-2976)へご連絡ください。

Q:敬老優待乗車証を紛失したときはどうしたらよいですか?
A:紛失した敬老優待乗車証が交番や警察署等などへ届けられた場合は、区役所から乗車証の所有者へ落し物のご連絡をいたします。
【敬老ICカードの場合】
敬老ICカードを紛失した場合は、お住まいの区の【保健福祉課給付事務係】または地下鉄駅窓口で再交付の手続きをとることができます。手続きいただきますと、後日再交付費用500円の納入通知書が届きますので、金融機関で納入の後、領収書と本人確認書類をお持ちになってお住まいの区の【保健福祉課給付事務係】にお越しください。残高を引き継いだ新しいカードを交付します。
なお、再交付の手続きを受けたあと、紛失した敬老ICカードが見つかった場合でも、紛失したカードを再度利用することはできません。再交付の手続きを受けた場合には再交付費用:500円の支払いが必要となります。
【敬老乗車券(回数券)の場合】
回数券を紛失された場合は再発行できませんのでご注意ください。


<お問い合わせ先>
【札幌市コールセンター】※年中無休、8時00分〜21時00分
(電話 011-222-4894)(FAX 011-221-4894)(Eメール info4894@city.sapporo.jp)

【各区保健福祉課給付事務係】
 中央区役所 (直通電話 011-205-3303)
 北区役所  (直通電話 011-757-2463)
 東区役所  (直通電話 011-741-2462)
 白石区役所 (直通電話 011-861-2448)
 厚別区役所 (直通電話 011-895-2478)
 豊平区役所 (直通電話 011-822-2454)
 清田区役所 (直通電話 011-889-2040)
 南区役所  (直通電話 011-582-4742)
 西区役所  (直通電話 011-641-6944)
 手稲区役所 (直通電話 011-681-2491)

【保健福祉局高齢保健福祉部高齢福祉課】(電話 011-211-2976)


関連ホームページ
敬老優待乗車証の交付

関連FAQ
341125 敬老優待乗車証(敬老パス)の基本事項について知りたい
341126 敬老優待乗車証(敬老パス)の申請方法について知りたい
282469 敬老優待乗車証(敬老パス)についてのよくある質問

検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  341127

お問い合わせ
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp
このサービスは電話、FAX、電子メールからもご利用いただけます