よくある質問検索サービス
検索結果詳細

子ども医療費助成について知りたい

お子さんが元気で丈夫に育つことを願って、医療費の一部を札幌市が助成するものです。

■対象
札幌市に住民登録をしていて、健康保険に加入している0歳〜中学校3年生まで(※)のお子さんで、お子さんの保護者(生計を主として維持する方)の前年または前々年の所得が限度額未満の場合
※15歳に達する日以後の最初の3月31日まで

■助成を受けるためには
医療助成を受けるには、「子ども医療費受給者証」の交付を受けることが必要です。
次のものをお持ちになり、お住まいの区の区役所【保健福祉課福祉助成係】で受給者証交付申請の手続きをしてください。
必要書類に不備がなければ、その場で受給者証をお渡しします。
必要書類が揃っていれば代理人の申請も可能です。
ただし、代理人が親戚以外の場合は委任状が必要です。
委任状がない場合は申請をいったん受付後、委任の確認が取れ次第受給者証の送付を行います。

〔申請に必要なもの〕
・健康保険証
(お子さんの名前がのっているもの。保険証の原本を提出できない事情がある場合、コピーでの申請も可能です。)
・主たる生計維持者の所得・課税証明書
(所得額・控除額・扶養親族人数・課税内容が記載されているもの。コピーでの申請は不可です。)

○資格取得日が1月〜7月の場合
  ※前年の1月1日の住民登録が札幌市内にある方は、原則、必要ありません。
  ※前年の1月1日の住民登録が札幌市外の方は、前々年分の所得・課税証明書の提出が、原則、必要になります。
  (省略できる場合がありますのでご相談ください)
   前々年分の所得・課税証明書は、前年1月1日に住民登録のあった市区町村で発行されます。

○資格取得日が8月〜12月の場合
  ※今年の1月1日の住民登録が札幌市内にある方は、原則、必要ありません。
  ※今年の1月1日の住民登録が札幌市外の方は、前年分の所得・課税証明書の提出が、原則、必要になります。
  (省略できる場合がありますのでご相談ください)
   今年度(前年分)の所得・課税証明書は、今年1月1日に住民登録のあった市区町村で発行されます。

■助成範囲
【平成30年4月診療以降】
(平成30年3月診療以前の内容はお住まいの区の区役所【保健福祉課福祉助成係】へお問い合わせください)

○小学1年生まで(※7歳に達する日以後の最初の3月31日まで)のお子さんの場合
医療機関等にかかった時の医療費のうち保険診療の自己負担額を助成します。
ただし、初診時には、次の一部負担金が発生しますので、医療機関の窓口でお支払いください。
〔初診時一部負担金〕 医科 580円、歯科 510円(通院・入院共通)

○小学2年〜中学生のお子さんの場合
入院医療費のうち、保険診療の自己負担額を助成します。
ただし、お子さんの生計を主として維持する方の住民税課税状況によって、次の一部負担金が発生します。
医療機関の窓口でお支払いください。

≪住民税非課税の方≫
初診時に一部負担金がかかります。(医科 580円、歯科 510円)

≪住民税課税の方≫
原則として、医療費の1割が自己負担となります。ただし、次の限度額があります。
1医療機関に支払う一部負担限度額… 入院 57,600円/月(多数回該当※1の場合は44,400円。)
1か月の一部負担限度額(同月中に転院した場合など)… 世帯 57,600円/月(多数回該当※1の場合は44,400円。同一医療助成制度内)
限度額を超えて支払った額は、お住まいの区の区役所で申請していただくことにより、後日払い戻しされます。

※1多数回該当とは
当月を含む過去12か月以内に自己負担限度額57,600円(平成29年7月診療分まで44,400円)となる月が3回以上あった場合、4回目から適用される自己負担限度額。

・薬の容器代・文書料・差額ベッド代などの保険外診療は助成の対象となりません。
・入院時の食事療養に係る費用の自己負担分(食事療養標準負担額)は助成の対象となりません。
・訪問看護療養費の患者一部負担額については、療養費の1割(月額3,000円限度)を控除した額を助成します。
 お住まいの区の区役所【保健福祉課福祉助成係】に申請してください。


■診療を受けるとき
健康保険証と一緒に受給者証を医療機関等の窓口にお出しください。
受診の際に、限度額適用認定証又は限度額適用・標準負担額認定証をお持ちの方は併せてお出し下さい。

■受給者証を紛失・破損したとき
お住まいの区の区役所【保健福祉課福祉助成係】で再発行します。お子さんの健康保険証をお持ちください。

■受給者証の有効期限について
○小学1年生までのお子さん
毎年7月に所得の審査を行い、受給資格がある場合は、8月1日〜翌年7月31日の1年間有効(年度中に7歳をむかえる場合は3月31日まで(4月以降引き続き医療助成を受ける場合は下記○小学2年〜中学生のお子さんを参照))の受給者証を7月末までに送付します。
該当にならない場合は、書面で通知します。

○小学2年〜中学生のお子さん
受給者証の有効期限は直近の7月31日となり、自動更新・郵送は行いません(小学校6年生及び中学校3年生のお子さんは直近の3月31日)。
助成の対象となる方で、引き続き医療助成を受ける場合は、お住まいの区の区役所【保健福祉課福祉助成係】で再度申請をしてください。

■受給者証を提示せずに医療費を支払ったときは
受給資格がある方は、申請以前にお支払いになった医療費も遡って助成の対象になる場合があります。
お住まいの区の区役所【保健福祉課福祉助成係】で償還の申請をしてください。
後日、保護者の方の銀行口座に払い戻しされます。
※詳細は関連FAQ「子ども(ひとり親・重度)医療費受給者証を提示せずに医療機関にかかった場合の払い戻し方法を知りたい」をご覧ください。

■高額療養費及び付加給付金の返還について
保険診療に係る1か月の自己負担額が一定額を超えたときに、その超えた額が高額療養費として、後で保険者から支給されます。
また、付加給付金として自己負担額の一部を払い戻している保険者があります。
札幌市の受給者証を使用して診療を受けた場合、医療費の自己負担分は被保険者にかわって札幌市が負担しておりますので、札幌市が保険者から高額療養費及び付加給付金の支給を受けることとなります。
この際、被保険者の方の申請が必要となる場合があり、対象となる方には別途お知らせしています。
なお、被保険者の方が保険者から直接これらの支給を受けた場合には、後日札幌市へ返還していただくこととなります。

■学校等での怪我・疾病について
幼稚園、保育園、小中学校等の管理下で生じた怪我・疾病等については、学校が加入している災害共済給付(独立行政法人日本スポーツ振興センター)を優先して適用していただくこととなります。
適用となった医療費は医療費助成の対象となりませんので、ご注意ください。
災害共済給付については、各学校等にお問い合わせください。

■医療機関及び医療事務関連業者の皆様へ
子ども医療費・事務手数料の「請求書」「請求明細書」「請求書送付用封筒」等のご注文、及び記入方法のお問い合わせについては、札幌市役所【保健福祉局保険医療部保険企画課医療助成係】までご連絡ください。

<お問い合わせ先>
【各区役所保健福祉課福祉助成係】
 中央区役所   (電話 011-205-3302)
 北区役所    (電話 011-757-2462)
 東区役所    (電話 011-741-2461)
 白石区役所   (電話 011-861-2446)
 厚別区役所   (電話 011-895-2474)
 豊平区役所   (電話 011-822-2453)
 清田区役所   (電話 011-889-2037)
 南区役所    (電話 011-582-4741)
 西区役所    (電話 011-641-6943)
 手稲区役所   (電話 011-681-2487)

【保健福祉局保険医療部保険企画課医療助成係】(電話 011-211-2960)


関連ホームページ
子ども医療費助成制度
札幌市医療助成のページ:所得制限限度額表

関連FAQ
6189 子ども医療費助成の変更手続きについて
8802 子ども(ひとり親・重度)医療費受給者証を提示せずに医療機関にかかった場合の払い戻し方法を知りたい
437627 マイナンバー制度についてのよくある質問(国民健康保険関係)

検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  360

お問い合わせ
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp