よくある質問検索サービス
検索結果詳細

地区リサイクルセンターについて知りたい

「地区リサイクルセンター」は、新聞や廃食油、蛍光管などさまざまな資源物を一度にまとめて持ち込むことができ、土日も開設しておりますのでお休みの日に「まとめ出し」ができる便利な回収拠点です。
※金銭・景品等の引渡しはありません。
※事業者からの資源物は持ち込めません。

●中央地区リサイクルセンター
 場所  :札幌市南区南30条西8丁目7-1 中央清掃事務所敷地内 ※駐車場完備
 受入時間:10時00分〜15時00分(土・日・祝休日も受け入れ。年末年始を除く。)

●北地区リサイクルセンター 
 場所  :札幌市北区あいの里2条6丁目1-10(廃棄物空気輸送センター内)
 受入時間:10時00分〜16時00分(年末年始・月曜(休館日)を除く ※月曜日が祝日の場合は翌平日が休み)

●厚別地区リサイクルセンター
 場所  :札幌市厚別区厚別東3条1丁目1-10(リユースプラザ内)
 受入時間:10時00分〜16時00分(年末年始・月曜(休館日)を除く ※月曜日が祝日の場合は翌平日が休み)

●西地区リサイクルセンター
 場所  :札幌市西区二十四軒4条1丁目5番(JR高架下 リサイクルプラザ二十四軒サテライト内)※駐車場完備
 受入時間:10時00分〜16時00分(年末年始・月曜(休館日)を除く ※月曜日が祝日の場合は翌平日が休み)

■地区リサイクルセンターに持ち込める品目
※資源物ごとに出し方が異なりますので、確認した上で持ち込んでください。
※対象とならないものを持ち込んだ場合は、引き取りできませんのであらかじめご了承ください。

◆新聞・雑誌・段ボール・紙パック
 対象:新聞(チラシ、コピー用紙を含む)、雑誌(週刊誌、一般書籍(紙以外の表紙を除く)電話帳、ノート(紙以外の表紙を除く)、カタログ、パンフレットを含む)段ボール、紙パック
※紙以外の表紙や付属のCDは取り除いて出してください。
 対象とならないもの:感熱紙、アルバム
 出し方:それぞれひもで縛って出してください。

◆雑がみ
 対象:汚れていない紙
    (紙袋、包装紙、お菓子の箱、メモ紙、感熱紙、アルバム、ダイレクトメールなど、汚れていない紙であれば対象)
 対象とならないもの:紙おむつ、ティッシュ、水ですすいでも汚れの落ちない食品容器など
 出し方:中身の見える袋で出してください。

◆びん、缶、ペットボトル 
 対象:びん・・・飲料用のびん、調味料のびん、飲み薬のびん、化粧品のびんなど
    缶 ・・・ジュースなどの飲料用の缶、缶詰の缶など
    ペットボトル・・・ペットボトル識別マーク「ペット1」のついているもの。
 出し方:中身が残っていたり、汚れが付着していないよう軽く水ですすいでください。
     びん・缶・ペットボトルを一緒の袋に入れて出してください。

◆一升びん・ビールびん
 出し方:汚れが付着していないよう、水で軽くすすいだものを、びん・缶・ペットボトルと分けてお出しください。 

◆容器包装プラスチック
 対象:『プラ』マークのついているもの
 出し方:中身が残っていたり、汚れが付着していないよう軽く水ですすいでください。
     中身の見える袋に入れて出してください。

◆乾電池(ボタン電池、二カド電池を除く)
 対象:筒型のもの
 対象とならないもの:ボタン電池、充電式電池(ニカド電池など)、バッテリーなど
 出し方:中身の見える袋に入れて出してください。

◆廃食油
 対象:天ぷら油など家庭で使用済みになった食用油
 対象とならないもの:動物性油脂(ラード、バターなど)を含むもの、鉱物油
 出し方:天ぷらかすなど不純物を取り除き、ペットボトル等に入れて出してください。

◆古着
 対象:衣類全般で洗濯済みのもの(タンスにしまえる状態のもの)
 例)ワイシャツ、背広、セーター、ズボン、スカート、子供服、ブラウス、コート、ジャンパー、革製の衣類、
 着物、ネクタイ、パジャマなど※ボタン、ファスナーはついたままで可
 対象とならないもの:ビニール製品、靴下、下着類のほか、汚れのひどいもの、濡れているもの、ペットなどに使って臭いのするもの、汚れや穴があるもの※衣類として再利用するため
 出し方:中身の見える袋に入れて出してください。

◆古布
 対象:シーツ・タオル・下着など薄手の布類(綿50%以上のもの)※バスタオル・タオルケットは可
 対象とならないもの:布団、マットレス、毛織製品
 出し方:中身の見える袋に入れて出してください。

◆毛布
 対象:長方形の一重のもの(化繊含む)
 対象とならないもの:電気毛布、敷・掛布団、二重のもの、長方形でないもの

◆蛍光管
 対象:家庭から出る環型・直管型・電球型の蛍光管。
 対象とならないもの:割れたもの、白熱電球、LED製品、事業所で使用されたもの
 出し方:割れないようにできるだけ買った時の箱などに入れて出してください。

◆生ごみ堆肥
 対象:段ボールや電動生ごみ処理機で処理をしたもので、乾燥したもの。
 対象とならないもの:密閉式容器で処理したもの、生ごみ
 出し方:堆肥化に利用した段ボール箱や米袋などの丈夫なポリ袋に入れて出してください。

◆小物金属類
 対象:鉄・アルミ・銅製の鍋、やかん、フライパン(ホーロー・テフロン加工ものも可)など
 対象とならないもの:
  大型ごみとなるもの、家電製品、電気シェーバー、ゲーム機、金庫
  のこぎり、包丁、金属バット、パソコンなど
 出し方:中身の見える袋に入れて出してください。

◆枝・葉・草
 対象:刈り草、草花、落ち葉、庭木のせん定した枝
 対象とならないもの:材木類、木製品、竹やむしろなどの冬囲い用品など
 出し方:土を落として、中身の見える袋に入れて
     枝など長いものは、長さ50cm以下のものを長さ1mくらいのひもで縛って
 ※量についての制限はありません(家庭から出た枝・葉・草のみ)
 ※受入期間は市の収集期間のみ(2017/5/1〜12/8まで)
 ※50cmより長いものは引き取りできません。

◆廃インクカートリッジ
 対象:インクジェット方式または熱転写方式の家庭用プリンタに用いられた使用済みインクカートリッジ(カセット)
 対象とならないもの:インクリボンなど
 出し方:回収ボックスへ投入
 回収対象品:下記メーカーが製造販売するもの
  ブラザー工業(株)、キャノン(株)、デル(株)、セイコーエプソン(株)、
  日本ヒューレット・パッカード(株)、レックスマークインターナショナル(株)

◆小型家電
 対象:縦30cm×横30cm以下(回収ボックスの投入口の大きさ)の家庭で不要となった使用済み小型家電
 対象とならないもの:回収ボックスの投入口に入らないもの、家電4品目(テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン)、電池、バッテリー、電球、蛍光管、記憶媒体(CD、DVD等のメディア)
 出し方:箱や袋から出し回収ボックスへ投入してください。

◆スプレー缶・カセットボンベ
 対象:穴のあいていないスプレー缶・カセットボンベ(穴あけの不安な方が対象)
 出し方:中身の見える袋に入れて出してください。

◆水銀使用廃製品
 対象:家庭で不要となった水銀体温計・水銀血圧計・水銀温度計
 出し方:回収ボックスへ入れるか、又は直接職員に渡してください。

<お問い合わせ先>
【リユースプラザ】(電話 011-375-1133)
【環境局環境事業部ごみ減量推進担当課】(電話 011-211-2928)


関連ホームページ
地区リサイクルセンター
ごみ分けガイド

関連FAQ
6187 紙のリサイクルについて知りたい
257939 食用油のリサイクルについて知りたい
400 容器包装プラスチックの日に出せるごみはどのようなものですか(家庭ごみの分別)

検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  430531

お問い合わせ
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp
このサービスは電話、FAX、電子メールからもご利用いただけます