よくある質問検索サービス
検索結果詳細

『高齢者・身体障がい者あんしんコール事業』について

■あんしんコール事業概要
心身に不安のあるひとり暮らし高齢者や重度の身体障がい者が、ご自宅で安心して暮らせるよう支援することを目的とする事業です。
この事業では、ボタン(相談・緊急)を押すだけで専用の受信センターにつながる通報機器をご自宅に設置し、以下の3つのサービスをご利用いただけます。

【1】相談 【本体の「相談ボタン」を押す】
 健康等のご相談に24時間体制でお受けします。受信センターには看護師の資格を持った職員も常駐していて、お体に関する不安など、いつでもお気軽にご相談できます。

【2】お元気コール
 受信センターから定期的に利用者様に電話をし、お体や生活のご様子を伺います。

【3】緊急通報 【本体か屋内携帯用(ペンダント型)送信機の「緊急ボタン」を押す】
 急病やけが等の緊急の際は、通報機器の緊急用ボタンを押すことにより、受信センターに緊急通報され、受信センターが救急車の手配や緊急連絡先への連絡などを行います。

※あんしんコール事業では以下の行為は行いません。これらに関する通報については、受信センターでは対応できませんのでご注意願います。
●診療、治療などの医療行為
●身体介護や家事援助などの介護サービス
●「盗難等の事故の発生を警戒し、防止する業務」や「人の身体に対する危害の発生をその身辺において警戒し、防止する業務」など、警備業法に定められた警備業務
 
■通報機器の仕組み
○「本体」と「屋内携帯用(ペンダント型)送信機」を貸与します。
○本体には【相談用】と【緊急用】のボタンがあり、そのボタンを押すだけで相談や緊急通報ができます。また、本体にはマイクとスピーカーがあり、通報時は受話器などを持たずに機器越しに通話ができます。
○「屋内携帯用送信機」は首にかけて携帯でき、ボタンを押すと緊急通報として受信センターに通報されます。ただし、屋内専用であり、家の外では使用できません。

■対象者
札幌市内に住所を有し、在宅で生活をしている方のうち次の(1)〜(3)のいずれかに該当する方です。要件に該当するか否かは、申請後に札幌市において審査のうえ決定します。
(1) 「65歳以上のひとり暮らし高齢者」または「世帯員全員が65歳以上の世帯に属する高齢者」のいずれかで、かつ、利用者ご本人の状態が次のア、イまたはウのいずれかに該当
 ア 介護保険法における「要介護」または「要支援」の認定を受けている
 イ 慢性疾患のため日常生活上注意を要する
 ウ 札幌市介護予防・日常生活支援総合事業における事業対象者
(2) 85歳以上のひとり暮らし高齢者(※身体状況は問いません)
(3) 18歳以上のひとり暮らしの重度身体障がいをお持ちの方(障がい等級が1級または2級)で、次のアまたはイのいずれかに該当
 ア 移動能力に障がいを有し、緊急時に迅速な避難または連絡手段の確保が困難
 イ 内部障がいを有し、日常生活上注意を要する
※(3)については、同居者がいる場合、その同居者の誰もが「身体障がい者(1級または2級)で(3)のアかイ」、「65歳以上高齢者で(1)のア、イまたはウ」、「85歳以上高齢者」のいずれかに該当するときは、対象となる場合があります。

■利用にあたって
●固定電話回線が必要です。
携帯電話のみお持ちの場合は使用できません。また、固定電話回線であっても、NTTのアナログ回線以外の場合、停電時などに通信できない、または、機器の取付け自体ができない場合があります。
なお、固定電話回線についてはご利用者側でご用意願います。
●緊急連絡先の登録が必要です。
ご本人の状況確認や緊急時の連絡先となる「緊急連絡先」の登録が原則必要です。いない場合は、区役所の保健福祉課にご相談ください。
★地域協力員の登録をお勧めします。
お近くに、ご本人の緊急時に支援をお願いできる方がいる場合は、その方の了承を得たうえで「地域協力員」として2名まで登録することができます。
地域協力員を登録すると、緊急時などに受信センターから地域協力員にも連絡が入るなど、ご本人に対する支援がさらに手厚くなります。

■利用料
月額900円(※ 世帯全員が住民税非課税の方は月額300円)
※1 生活保護受給世帯は無料
※2 利用料は通報機器を設置した月分から発生
※3 毎年度7月分以降の利用料について、当該年度の住民税課税状況に基づき見直しを行います。

■申込方法
お住いの区役所の保健福祉課に利用申請してください。
※なお、申請受付により必ず利用できるわけではなく、札幌市において審査を行った上で利用決定となります。

■申込後の流れ
札幌市で実態調査等の審査を行った上で利用可否を決定します。
事業開始当初は申し込みが集中することが予想され、利用決定や通報機器の設置まで一定の期間がかかる場合がありますので、予めご了承ください。

■お問い合わせ先
【制度に関すること】
《高齢者》
保健福祉局高齢保健福祉部高齢福祉課(電話 011-211-2976)
《身体障がい者》
保健福祉局障がい保健福祉部障がい福祉課(電話 011-211-2936)

【お申込み手続きに関すること】
【各区役所保健福祉課】
 中央区役所 (電話 011-205-3304)
 北区役所  (電話 011-757-2464)
 東区役所  (電話 011-741-2463)
 白石区役所 (電話 011-861-2449)
 厚別区役所 (電話 011-895-2481)
 豊平区役所 (電話 011-822-2459)
 清田区役所 (電話 011-889-2041)
 南区役所  (電話 011-582-4743)
 西区役所  (電話 011-641-6945)
 手稲区役所 (電話 011-681-2492)


関連ホームページ
高齢者あんしんコール事業
身体障がい者あんしんコール事業

関連FAQ
437040 『高齢者・身体障がい者あんしんコール事業』についてのよくある質問

検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  434894

お問い合わせ
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp
このサービスは電話、FAX、電子メールからもご利用いただけます