よくある質問検索サービス
検索結果詳細

高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種について知りたい

・平成26年10月1日から高齢者肺炎球菌ワクチンが定期接種となり、一部自己負担で接種することができます。


■予防接種を受けることができる方(平成29年度対象者)
札幌市民または熊本県熊本地方の地震による被災、東日本大震災、若しくは福島第1、第2原子力発電所事故の避難のため札幌市に居住する方で、以下に該当し、接種を希望する方

(1)下記の生年月日の方
※誕生日前でも下記生年月日であれば、接種を受けられます。
65歳   :昭和27年4月2日生〜昭和28年4月1日生の方
70歳   :昭和22年4月2日生〜昭和23年4月1日生の方
75歳   :昭和17年4月2日生〜昭和18年4月1日生の方
80歳   :昭和12年4月2日生〜昭和13年4月1日生の方
85歳   :昭和7年4月2日生〜昭和8年4月1日生の方
90歳   :昭和2年4月2日生〜昭和3年4月1日生の方
95歳   :大正11年4月2日生〜大正12年4月1日生の方
100歳  :大正6年4月2日生〜大正7年4月1日生の方

★平成30年度までの間は、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の誕生日を迎える方※が対象となり、平成31年度からは、満65歳の方のみが対象となります。
※:101歳以上の誕生日を迎える方の定期接種対象は平成26年度限りとなりますのでご注意ください。

(2)接種日現在で60〜65歳未満の方であって、心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルス(HIV)による免疫の機能に障がいを持つ方(障害等級1級またはそれに準じる方)

※過去に高齢者肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)を接種したことがある方は、接種後5年以上経過していたとしても、定期予防接種対象外です。
※対象者以外の方については、任意(全額自己負担)の予防接種になります。

■実施場所:札幌市が指定している医療機関
※医療機関につきましては関連ホームページの「実施医療機関名簿」を参照してください。
※予約が必要な場合もありますので、事前に医療機関にお問い合わせください。

■回数:1回
※高齢者肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)を5年以内に再接種した場合、接種部位が赤くはれる、痛む、硬くなるなどの副反応が強く出ることがありますので、接種前に接種履歴を必ずご確認ください。

■接種料金
接種料金 : 4,400円 ※対象外の方は医療機関によりますが、7000円〜8000円程度

※高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種の対象者で、生活保護受給世帯の方及び市民税非課税世帯の方、東日本大震災等の避難のため札幌市に居住する方等は、所定の証明書類を提示することで料金が免除されます。持参する証明書類は、関連ホームページを参照してください。

■実施期間:平成29年4月1日(土)〜平成30年3月31日(土)

■他の予防接種との接種間隔
 肺炎球菌ワクチン接種後、最低6日間以上の間隔をあければ次に違う種類のワクチンを接種できます。(1週間後の同じ曜日から)
 他の種類の予防接種と同時接種を希望される場合は、医療機関で御相談ください。

■料金の免除を希望する場合に持参する主な証明書類(いずれか1点)
(1)生活保護受給世帯の方
 ・生活保護受給証明書
 ・保護決定(変更)通知書
(2)市民税非課税世帯の方
※各年度7月末までは、旧年度の書類でも有効な証明書として取り扱います(介護保険料の納付通知書等は、例年6月中に発送されるため)。
 ・介護保険料納入(特別徴収決定)通知書 〔保険料段階が第1、第2、第3段階(軽減措置を含む)のいずれかの場合〕
 ・後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証

<市・道民税に係る課税証明書について>
 市・道民税に係る課税証明書は、世帯の課税状況が確認できないため、原則、免除の証明書類とすることはできません。
 ただし、 以下の@〜Cに該当する方、または紛失などにより、他に証明書類がない場合には、市・道民税に係る課税証明書を証明書類として取り扱います。この場合は、必ず、世帯全員分(高校生以下の世帯員を除く)の市・道民税に係る課税証明書を医療機関に提出してください。

@ 65歳未満の方
A 65歳になったばかりの方 または 札幌市外から転入した方で、介護保険料段階が決定していない方
B 介護保険の適用除外施設に入所されている方
C 介護保険料納入通知書等、上記の証明書類を紛失してしまった方(※各区保険年金課で介護保険料段階の電話での問い合わせ等には対応いたしませんので、ご注意ください)

(3)熊本県熊本地方の地震による被災又は、東日本大震災、若しくは福島第1、第2原子力発電所事故の避難のため札幌市に居住する方
 ・罹災証明書、健康保険証、運転免許証など避難前の住所地及び年齢が確認できるもの
※証明書類は、接種当日に医療機関に持参する必要があります。後日、接種料金を返金することはできませんので、ご注意ください。

■予防接種を受けるときに持参するもの
(1)高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種予診票 ※委託医療機関及び各区保健センターにおいて配布
(2)健康保険証、運転免許証等の年齢・住所を確認できる書類
(3)上記「予防接種を受けることができる方」の(2)に該当する方は、身体障害者手帳(1級)または医師の診断書(診断書料金は自己負担)
(4)料金の免除を受ける方は、上記の証明書類
※予防接種に関するご相談は【委託医療機関】または【各区保健センター】へお問い合わせください。

<お問い合わせ先>
【委託医療機関】については関連ホームページを参照してください。

【各区保健センター】
 中央保健センター (代表電話 011-511-7222)
 北保健センター  (代表電話 011-757-1185)
 東保健センター  (代表電話 011-711-3211)
 白石保健センター (代表電話 011-862-1881)
 厚別保健センター (代表電話 011-895-1881)
 豊平保健センター (代表電話 011-822-2469)
 清田保健センター (代表電話 011-889-2047)
 南保健センター  (代表電話 011-581-5211)
 西保健センター  (代表電話 011-621-4241)
 手稲保健センター (代表電話 011-681-1211)

 【保健福祉局保健所感染症総合対策課】(電話011-622-5199)


関連ホームページ
高齢者用肺炎球菌ワクチン
高齢者用予防接種実施医療機関名簿(インフルエンザ及び肺炎球菌ワクチン)

関連FAQ
437629 マイナンバー制度についてのよくある質問(予防接種関係)
697 高齢者インフルエンザ予防接種を受けたいのですが

検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  436152

お問い合わせ
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp
このサービスは電話、FAX、電子メールからもご利用いただけます