よくある質問検索サービス
検索結果詳細

休日保育の利用について知りたい

■休日保育とは?
現在、認可保育所・認定こども園・地域型保育事業を利用しており、保護者の勤務等の理由により常態的に日曜・祝日に保育を必要とするお子さんのために休日保育を行っています。
北区、豊平区及び西区保育・子育て支援センター、青葉興正保育園、元町にこにこ保育園、ちびっこ保育ルーム平岸ひまわり園、にこまるえん東白石の7か所で利用できます。

■実施施設
公立【北区保育・子育て支援センター(ちあふる・きた)】札幌市北区北25条西3丁目3-3 (代表電話 011-757-5380)
公立【豊平区保育・子育て支援センター(ちあふる・とよひら)】札幌市豊平区月寒東1条4丁目2-11(代表電話 011-851-3945)
公立【西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)】札幌市西区二十四軒3条5丁目6-1-101(電話 011-621-1503)※休日保育専用電話
私立【元町にこにこ保育園】札幌市東区北23条東16丁目1-11(電話 011-782-2551)
私立【青葉興正(あおばこうしょう)保育園】札幌市厚別区青葉町2丁目7-25(電話 011-891-5202)※対象年齢は満1歳から
私立【ちびっこ保育ルーム平岸ひまわり園(小規模A型)】札幌市豊平区平岸3条5丁目4-17-101(電話 011-824-5288)※対象年齢は2歳児まで
私立【にこまるえん東白石(小規模A型)】札幌市白石区本郷通9丁目南2−10(電話 011-799-1565)※対象年齢は2歳児まで
 
■休日保育の対象
生後5か月から就学前までの2号又は3号の支給認定を受けた児童で、すでに認可保育所・認定こども園・地域型保育事業の施設に入園・入所しているお子様。
※休日保育は、保育所入所の方向けのサービスのため、入所していない方はお申込ができません。
※青葉興正保育園(対象年齢は満1歳から)、ちびっこ保育ルーム平岸ひまわり園及びにこまるえん東白石(対象年齢は2歳児まで)は対象年齢が異なりますのでご注意ください。

■利用日
日曜・祝日(12月29日から翌年1月3日を除く)

■受入時間
8時00分から19時00分まで(青葉興正保育園は9時00分から17時00分)

■定員:公立保育園(ちあふる・きた、とよひら、にし)は、1園20名。
※私立保育園等は、実施施設によって異なるため、直接施設へご確認ください。

■持ち物:各実施施設へお問い合わせください。

■利用料(以下のいずれの場合も、短時間認定のお子さんはお預かりする時間により時間外利用料が発生する場合があります)
1)決まった曜日にお仕事がお休みの方
○月曜日から土曜日までの間の勤務がお休みの日に保育園を利用せず、その代替として週末の日曜日に休日保育を利用した場合
→休日保育の利用料は無料になります。
○月曜日から土曜日までの間の勤務がお休みの日も保育園を利用し、さらに週末の日曜日に休日保育を利用した場合
→休日保育の利用料がかかります。(1時間100円、給食・おやつ代として300円)

2)変形労働のためお休みする日が決まっていない方
○休日保育を利用する日曜日から13日前までの範囲に、休日の勤務に対応するお休みがあり、その日に保育園を利用していない場合
→休日保育の利用料は無料になります。
○休日保育を利用する日曜日から13日前までの範囲に、休日の勤務に対応するお休みがあり、その日に保育園を利用した場合
→原則、休日保育の利用料がかかります。(1時間100円、給食・おやつ代として300円)
  (変形労働による休日の割振が2週間の範囲内に収まらない場合は、実施施設にご相談ください)

※生活保護法による被保護世帯または市民税非課税世帯に属する世帯は、「生活保護受給証明書」「市・道民税証明書」を持参いただければ利用料が減額されます。
※食物アレルギー等で食事を持参する場合は、給食・おやつ代はかかりません。

■利用料の支払い
利用料が発生した場合は、原則として利用日の帰宅前までにお支払いただきます。(お子様をお迎えの際に、必要な現金をご持参ください。)

■利用事前登録について
休日保育を利用される場合は、事前に登録(年に1回)が必要です。上記実施施設へ来園し、下記の書類を提出してください。
登録の締切は原則毎月20日までです(20日が休日等の場合は翌日)。締切日までに登録した場合は、翌月から利用申し込み(翌々月分の休日保育利用)が可能です。
ア 休日保育利用登録申請書
イ (雇用されている方)休日就労証明書、(自営業の方)事業稼働申告書
ウ 健康調査票
エ 送迎をする保護者全員と利用予定児童の写真
※上記ア〜ウは札幌市ホームページからダウンロード可能です。

■利用申込について
○公立の保育園へ利用申込する場合(ちあふる・きた、ちあふる・とよひら、ちあふる・にしをご利用の方)
【申込期間】申込開始日の8時から、申込締め切り日の21時まで
【申込先】札幌市コールセンター(電話 011-222-4894)へ電話でお申込ください。

○私立保育園等へ利用申込する場合(青葉興正(あおばこうしょう)保育園・元町にこにこ保育園・ちびっこ保育ルーム平岸ひまわり園、にこまるえん東白石をご利用の方)
【申込期間】申込開始日の平日9時から、申込締め切り日の17時まで
【申込先】青葉興正保育園(電話 011-891-5202)、元町にこにこ保育園(電話 011-782-2551)、ちびっこ保育ルーム平岸ひまわり園(電話 011-824-5288)、にこまるえん東白石(電話 011-799-1565)へ直接ご連絡願います。

○申込必要事項
(1)児童氏名
(2)連絡先電話番号
(3)利用日・時間帯

※休日保育の実施施設全部に、同時に同一日を申込むことも可能です。(各実施施設において優先順位が異なります。)
ただし、他の方が利用できなくなる可能性がありますので、利用できる園が決まったら、他の園はできるだけ早く申込みをキャンセルするなどの心配りをお願いします。

■利用決定
優先順に応じて利用できる方を決定し、毎月15日をめどに連絡致します。決定日の連絡は、9時〜17時の間です。(利用できる方のみに連絡致します。)
優先順位は申込月によって変更になりますのでご注意ください。
※休日保育利用の事前登録は毎月行うことができ、優先順位の高い方が新たに登録される等により、優先順位は変わります。
※優先順位が低い場合であっても、キャンセルがあれば利用できることがあります。

■キャンセルの連絡について
上記実施施設(希望の施設)へ直接ご連絡ください。

■利用の優先順位について
利用登録をされた方全員について、次の利用基準により利用優先順位を決定します。
ア 札幌市内に居住している児童を優先
イ 休日保育を利用した場合、代わりに月〜土曜日に利用しない日を設けるとして利用登録している児童を優先
ウ 上記イの児童のうち、次の順位で優先
(1)日曜日・祝日が固定勤務
(2)日曜日が固定勤務
(3)日曜日・祝日がシフト勤務(月の平均勤務日数順)
(4)日曜日・祝日に月1回以上勤務((1)、(2)、(3)以外)
(5)その他
エ 上記ウの児童のうち、児童ごとに作成する保育所等の利用調整基準表に準じた基準により優先
(1)保護者の1日の就労時間数の合計が長い順から優先 (保護者1人の就労時間は9時間を最大値として計算)
   なお、一人親世帯は9時間を追加する
(2)階層区分の低い世帯
(3)市民税の所得割額が低い世帯
(4)申請児童が障害児
(5)多子世帯
(6)核家族世帯
(7)申請児童の年齢が低い世帯

■保険について
休日保育中のケガ等の緊急時には、実施施設の責任で、保護者の方へ確認の上、必要な措置をとります。
休日保育中のケガ等は、実施施設で加入している傷害保険の給付対象となります。
給付の詳細については、実施施設から直接説明を受けてください。

<お問い合わせ先>
■休日保育制度及び私立実施施設に関すること
 子ども未来局子育て支援部施設運営課(電話 011-211-2986)
■公立実施園に関すること
 子ども未来局子育て支援部子育て支援課(電話 011-211-2988)


関連ホームページ
保育所の休日保育

関連FAQ
367027 一時保育の利用について知りたい
1925 延長保育の利用について知りたい
1927 夜間保育の利用について知りたい

検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  437760

お問い合わせ
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp