よくある質問検索サービス
検索結果詳細

日本脳炎ワクチンについて知りたい

■北海道での日本脳炎の予防接種について
日本脳炎の予防接種は、これまで、北海道全域が「日本脳炎の予防接種を実施する必要がないと認められる区域」に指定されていたため、定期予防接種として実施していませんでした。しかし、昨今では、北海道内においてもわずかながら感染の可能性があること、北海道外の患者発生地域への移動機会が増えていることなどから、北海道において、平成28年4月1日より、日本脳炎を定期予防接種として実施しています。

■定期接種の開始時期:平成28年4月1日(金)から

■費用:定期接種及び特例措置対象者は、無料で接種することができます。

■実施場所:札幌市が指定する委託医療機関です。(札幌市ホームページに掲載します。)
※予診票は、【指定医療機関】で配布するほか、【各区保健センター】でも配布しています。

■他の予防接種との接種間隔
○麻しん(はしか)は治ってから4週間以上、風しん・水ぼうそう・おたふくかぜはかかってから4週間以上
※突発性発疹・手足口病などはかかってから2週間以上経過してから受けてください。

■定期接種対象者
(1)平成21年(2009年)10月2日以降に生まれた方
【1期】対象年齢:生後6か月から90か月(7歳6か月)に至るまで
〇接種回数:合計3回(初回免疫2回と、追加免疫1回)
〇接種方法:初回免疫は6日以上(標準的には6日〜28日)の間隔をあけて2回接種し、その後6カ月以上(標準的にはおおむね1年)の間隔をおいて追加免疫を1回接種する。
※標準的な接種年齢は初回免疫が3歳、追加免疫が4歳です。

【2期】対象年齢:9歳以上13歳未満(13歳の誕生日の前日まで)
〇接種回数:1回 ※標準的な接種年齢は9歳です。


(2)平成19年(2007年)4月2日から平成21年(2009年)10月1日までの間に生まれた方(特例措置対象者)
当該生年月日の方は特例措置の対象です。1期分は3回の接種をしますが、生後6か月から90か月(7歳6か月)に至るまでの間に終了できない場合は、第2期の年齢(9歳以上13歳未満)の間に、残りの回数を接種することができます。
※第1期と第2期の間の年齢(生後90カ月以上9歳未満)での接種は、定期接種にはなりません。

≪特例措置の方の接種スケジュール≫
※平成19年(2007年)4月2日から平成21年(2009年)10月1日までの間に生まれた方

◆生後90カ月に達するまでの間に、6日以上の間隔を空けて2回接種できる方
〜第2期の年齢(9歳)に達してから、1期の3回目を接種し、3回目から6日以上の間隔を空けて4回目(2期)を接種。
◆生後90カ月に達するまでの間に、1回接種できる方
〜第2期の年齢(9歳)に達してから1期の2回目を接種後、2回目から6カ月以上の間隔をあけて1期の3回目を接種。3回目から6日以上の間隔を空けて4回目(2期)を接種。
◆9歳以上で接種を始める方(13歳に達するまでの間に、以下のスケジュールで接種)
○6日以上(標準的には6日〜28日)の間隔を空けて1期分の2回を接種
○2回接種後、6カ月以上(標準的にはおおむね1年)の間隔を空けて1期分の3回目を接種
○3回目から6日以上の間隔を空けて4回目(2期)を接種

-----(2)の特例措置のうち下記対象の方の接種間隔について-----------
◎平成22(2010)年3月31日までに全く接種を受けていない方(平成17年の積極的な勧奨差し控えにより接種を逃した方)
〇対象年齢:生後6カ月から90カ月(7歳6か月)に至るまで、又は9歳以上13歳未満の間
〇接種回数:計4回
〇接種方法:上記、特例措置の方と同じです。
6日以上(標準的には6〜28日)の間隔をあけて2回接種し、6カ月以上(標準的にはおおむね1年)の間隔をおいて3回目を接種。3回目から6日以上の間隔をあけて4回目※を接種。※4回目(2期)は、9歳以上13歳未満の間に接種します。

◎平成22(2010)年3月31日までに接種を受けたことがある方(平成17年の積極的な勧奨差し控えにより全ての接種ができていない方)
生後6カ月〜90カ月に至るまでの間、又は9歳以上13歳未満の間のいずれかの年齢時に、6日以上の間隔をおいて不足している回数分(1期と2期接種4回のうち、すでに接種した分をのぞいた回数)を接種
※ただし、4回目(2期)は、9歳以上13歳未満の間に接種します。

(3)平成19年4月1日以前に生まれた方で20歳未満の方(特例措置対象者)
20歳に達するまでの間に、第1期として3回、第2期として1回の計4回の接種が可能です。
※20歳未満で接種を開始した場合であっても、接種時点で20歳を過ぎている場合は定期接種になりません。

≪接種スケジュール≫
◆過去接種歴のない方
1期:初回接種として6日以上(標準的には6日から28日までの間隔をおいて)2回、追加接種(3回目)については初回接種後6ヶ月以上をあけて接種(標準的にはおおむね1年を経過した時期に1回接種)
2期:9歳以上の方に対して、第1期接種終了後、6日以上の間隔をおいて1回接種。
◆過去接種歴のある方
6日以上の間隔をおいて残りの回数を接種 ※接種される場合は、医師や実施医療機関へご相談ください。

-----(3)の特例措置のうち下記対象の方の接種間隔について--------------
◎平成23年5月19日までに全く接種を受けていない方(平成17年の積極的な勧奨差し控えにより接種を逃した方)
〇対象年齢:20歳未満
〇接種回数:計4回
〇接種方法:6日以上(標準的には6〜28日)の間隔をあけて2回接種し、6カ月以上(標準的にはおおむね1年)の間隔をおいて3回目を接種。3回目から6日以上の間隔をあけて4回目(2期)を接種。
※4回目(2期)3回目から、6日の間隔を空ければ4回目の接種が可能ですが、通常おおむね5年〜10年の間隔をおいて接種することが望ましいとされています。

◎平成23年5月19日までに接種を受けたことがある方(平成17年の積極的な勧奨差し控えにより全ての接種ができていない方)
6日以上の間隔をおいて不足回数分(全4回の接種のうち、すでに接種した分をのぞいた回数)を接種
※接種される場合は、医師や実施医療機関、【各区保健センター】【保健福祉局保健所感染症総合対策課】へご相談下さい。

■接種時の持ち物
(1)健康保険証など:氏名、生年月日、住所が記載されたもの
(2)母子健康手帳 :過去に受けた予防接種が記録されています。
(3)予診票
(4)同意書 ※13歳以上の20歳未満の方で、保護者が同伴しない場合に必要。
★同意書について
13歳未満のお子様が日本脳炎の予防接種を受けるには保護者の同伴が必要ですが、13歳以上20歳未満の方の日本脳炎の予防接種については、保護者が説明書の記載事項を読み、理解し、納得してお子様に予防接種を受けさせることを希望する場合には、同意書の保護者自署欄及び予診票に保護者自ら記入・署名することによって、保護者が同伴しなくてもお子様は予防接種を受けることができます。(当日は記入署名済みの同意書と予診票をお子様に必ず持参させてください。)
※予診票・同意書をお持ちで無い場合、ホームページからで入手できる他、委託医療機関でも配布しています。

<お問い合わせ先>
【委託医療機関】関連ホームページに3月18日頃掲載予定。
【各区保健センター】
 中央保健センター (代表電話 011-511-7222)
 北保健センター  (代表電話 011-757-1185)
 東保健センター  (代表電話 011-711-3211)
 白石保健センター (代表電話 011-862-1881)
 厚別保健センター (代表電話 011-895-1881)
 豊平保健センター (代表電話 011-822-2400)
 清田保健センター (代表電話 011-889-2400)
 南保健センター  (代表電話 011-581-5211)
 西保健センター  (代表電話 011-621-4241)
 手稲保健センター (代表電話 011-681-1211)

【保健福祉局保健所感染症総合対策課】(電話 011-622-5199)


関連ホームページ
日本脳炎
予防接種(委託医療機関)

関連FAQ
1534 市外での子どもの予防接種方法と費用助成について知りたい
1533 @子どもの予防接種(BCG、四種混合、不活化ポリオ、二種混合、麻しん風しん)はどこで受けられますか
437825 日本脳炎ワクチンについてのよくある質問

検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  437798

お問い合わせ
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp
このサービスは電話、FAX、電子メールからもご利用いただけます