よくある質問検索サービス
検索結果詳細

広報さっぽろのリニューアルについて知りたい

広報さっぽろは、平成30年5月号から、ページ数を減らしてイベント情報を削減する一方、市の取り組みや課題を伝える特集・企画記事をこれまで以上に充実させて魅力アップを図るリニューアルを行いました。誌面に掲載されなくなったイベント情報は、地上デジタルテレビのデータ放送とスマートフォンアプリで配信しています。

■時期
平成30年5月号〜

■ページ数・内訳
32ページ(表紙含む)
(表紙4ページ、特集・企画記事17ページ程度、お知らせ5ページ程度、区版6ページ)
※リニューアル前は44ページ(表紙含む)(表紙4ページ、特集・企画記事9〜13ページ、お知らせ19〜23ページ、区版8ページ)

■主な内容
1 市の取り組みや課題を伝える特集・企画記事を充実させます
2 「札幌市からのお知らせ」ページからイベント情報を削減します
3 オールカラーになります ※リニューアル前は原則年2回のみカラー

≪よくあるご質問≫
Q.どうしてリニューアルをするのですか?リニューアルの経緯を教えてください
A.市民の皆さんの情報入手手段が多様化していることや、世帯数の増加により広報さっぽろの印刷経費も増加傾向にあることから、広報誌の在り方について検討を進めてきたところです。その結果、平成28年10月から地上デジタルテレビのデータ放送とスマートフォンアプリでイベント情報等の配信を開始し、これに伴って、広報さっぽろの誌面は、平成30年5月号から、お知らせ情報を削減する一方で、特集・企画記事を充実させて魅力アップを図るリニューアルを行うこととなりました。

Q.データ放送やアプリでの市政情報の配信により、どのように利便性が高まったのですか。
A.広報さっぽろでは、月に1回のタイミングでしか情報発信ができませんでしたが、データ放送とアプリは週に1回の更新であるため、よりタイムリーな情報をお届けできるようになりました。また、お知らせの掲載スペースが限られていた広報さっぽろと比べ、データ放送とアプリでは、より多くの情報を発信できるようになりました。
さらに、データ放送では、簡単な操作で施設や区、ジャンルごとに情報を検索できるほか、アプリでは、キーワードによる検索や会場地図の表示、画面から直接申し込みができるなど、アプリの特性を生かした機能を追加しており、いつでも手軽にお知らせ情報を入手できるようになりました。

Q.広報さっぽろの誌面からイベント情報を削減することは、市民サービスの低下ではないのですか。
A.データ放送とアプリでお知らせを効果的に発信するとともに、広報さっぽろの誌面を魅力的にリニューアルすることで、市民の皆さんへこれまで以上に市政情報を分かりやすく、しっかりと伝えていく考えであり、これらは、市民サービスの向上につながると考えています。

Q.市民の利便性を高めるためには、データ放送とアプリでの配信と並行して、広報さっぽろの誌面でもお知らせの掲載を継続するべきではないですか。
A.広報さっぽろの印刷にかかる経費は、世帯数の増加等により、年々増加傾向にあります。限られた財源をより緊急性の高いもの、例えば、保健福祉や子育て、老朽化した施設の更新等により効果的に振り分けていく必要があることから、データ放送とアプリでの情報発信により、これまで以上に利便性を高め、市民サービスを向上させながら、これまでの広報さっぽろのあり方については見直しを行い、その作成にかかる経費を縮減することは必要なことだと考えています。

Q.リニューアル(ページ数を減らす)により、どのくらいの費用を削減できるのですか。
A.年間約1億円程度の印刷経費の縮減を見込んでいます。

Q.データ放送やアプリ、広報さっぽろのリニューアルについて、これまで市民への周知はどのように行ってきたのですか。
A.データ放送とアプリによるお知らせ配信の開始に合わせて、広報さっぽろ平成28年11月号他2回の特集を行ったのを初めとして、毎月誌面で周知を行っています。
また、広報さっぽろのリニューアルを分かりやすく書いたチラシ・ポスターを作成し、各種イベントで配布したほか、区役所等の公共施設で配架・掲示を実施しました。
さらに、札幌市公式ホームページやツイッター、フェイスブックなどの電子媒体、各世帯に配布されているフリーペーパーへの掲載を行うとともに、地域に出向いて解説する出前講座を継続して周知を図ってきたところです。
このほか、データ放送を配信しているSTVでも、テレビ・ラジオCMなどを放送しています。

Q.リニューアル後も広報さっぽろに掲載される情報は具体的にどういうものですか?
A.税金、保険・年金、各種手当、健康診断、意見募集、施設の新設・移転など、市民の皆さんにお知らせする必要性が高いお知らせについては継続して掲載します。

Q.広報さっぽろに掲載されなくなったイベント情報はどこで確認すればよいですか?
A.地上デジタルテレビのデータ放送やスマートフォンアプリ、ホームページで確認をお願いします。

Q.テレビやスマートフォンがない人はどのようにして情報を入手すればよいのですか
A.広報さっぽろに掲載されなくなったイベント情報をまとめた冊子「イベント情報はこちらでチェック 札幌市からのお知らせ」を作成し、市内の郵便局の窓口(簡易郵便局を除く227カ所)や区役所、まちづくりセンターなどで毎月9日に配架しています。
※詳細は「広報さっぽろに掲載されなくなったイベント情報をまとめた冊子について知りたい」を参照

Q.表紙に小学生の作品を載せなくなったのはなぜですか
A.広報さっぽろがリニューアルしたことを表紙から分かるようにするとともに、これまで広報誌を読んでいなかった方にも手に取っていただけるよう、表紙のデザインを変更いたしました。なお、リニューアル後の表紙には、特集の内容を表す写真やイラストなどを用いています。

Q.リニューアルをして、どんな企画が新しく始まるのですか
A.市が力を入れて取り組んでいる分野や市民意識調査で要望が多かった分野などをテーマにした企画を増やしています。
例:公共施設紹介(市内の体験型施設の見どころや楽しみ方を紹介)、子育て情報(知っておくと役に立つ制度や施設を紹介)、ウオーキングコース紹介(ウオーキングをする際に心掛けておきたいポイントや周辺の見どころを紹介)など

Q.リニューアルをした場合、これまで続けていたコーナーはなくなるのですか
A.リニューアル後も引き続き掲載します。

<お問い合わせ先>
【総務局広報部広報課広報係】(電話 011-211-2036)


関連ホームページ
広報さっぽろ

関連FAQ
438699 札幌市のイベントなどのお知らせ情報の地デジ・データ放送での情報提供について
438700 札幌市のイベントなどのお知らせ情報のスマートフォンアプリでの情報提供について
440698 広報さっぽろについて知りたい

検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  440696

お問い合わせ
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp