よくある質問検索サービス
検索結果詳細

税金:個人住民税はどのように納めるのですか

■個人住民税の納税義務者について
・区内に住所がある人:均等割と所得割の合計額を納める
・区内に事務所、事業所または家屋敷がある人で、その区内に住所のない人:均等割額のみを納める

その区内に住所があるかどうか、また、事務所や家屋敷などがあるかどうかは、その年の1月1日(これを賦課期日といいます)現在の状況で判断します。
※住民税が課税されない場合もあります。関連ホームページを参照してください。

・単身赴任の場合
単身赴任先の市町村から均等割(一定額)および所得割(所得に応じて課税)が課税されます。
また、家族の居住用などに家屋敷がある場合には、家屋敷のある市町村からも均等割が課税される場合があります。

■個人住民税の課税年度について
市民税・道民税は前年中の所得に対して課税になりますので、例えば「平成30年度納税通知書」であれば平成29年(2017年)中(1月1日〜12月31日)の所得に対する市民税・道民税になります。
また、(○年度課税分)という印字があるものについては、その前年の所得に対しての課税になります。

■個人住民税の計算方法について
(1)均等割額:平成25年度まで          市民税3,000円、道民税1,000円
       平成26年度から平成35年度     市民税3,500円、道民税1,500円
(2)所得割額:課税所得金額(前年中の所得金額−所得控除額)×税率−税額控除額

※課税所得金額が、3,000円以下のときは、所得割額は算出されません。
※課税所得金額は、1,000円未満の端数を切り捨てます。さらに所得割額は、100円未満の端数を切り捨てます。

所得割額の計算基礎は所得金額です。
所得金額は、所得の種類ごとに前年中の収入金額から、その収入を得るために要した経費などを差し引いて算出します。(具体的な算出方法などは、関連ホームページを参照してください)

■個人住民税の納付方法について:普通徴収と特別徴収の2つの方法があります。
○事業所得者などの場合…普通徴収
市税事務所から送付された納税通知書により、個人で納めていただきます。
※納税通知書(納付書)の発送日は、毎年6月12日頃です。

納期限:第1期: 6月30日
    第2期: 8月31日
    第3期:10月31日
    第4期: 1月31日
 ※いずれも、土・日曜、祝日の場合は、翌平日が納期限となります。

○納付場所
(1) 全国の本支店および出張所で納められる金融機関
北洋銀行、北海道銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、北陸銀行、三井住友信託銀行
(2) 全国のゆうちょ銀行および郵便局
※札幌市外のゆうちょ銀行または郵便局で納付する場合は、札幌市の振替用紙が必要となりますので【各市税事務所納税課】または【税制課】にご連絡ください。
(3) 北海道内の本支店および出張所で納められる金融機関
北海道信用金庫、室蘭信用金庫、空知信用金庫、苫小牧信用金庫、北門信用金庫、北空知信用金庫、日高信用金庫、渡島信用金庫、旭川信用金庫、稚内信用金庫、留萌信用金庫、北星信用金庫、大地みらい信用金庫、遠軽信用金庫、北海道労働金庫
(4) 札幌市内の本支店および出張所で納められる金融機関
青森銀行、みちのく銀行、秋田銀行、七十七銀行、第四銀行、三菱UFJ信託銀行、みずほ信託銀行、新生銀行、あおぞら銀行、商工組合中央金庫、北央信用組合、札幌中央信用組合、ウリ信用組合、空知商工信用組合、あすか信用組合、北海道信用農業協同組合連合会、札幌市農業協同組合、サツラク農業協同組合、北海道信用漁業協同組合連合会
(5) 市役所および各市税事務所
(6) 札幌市東京事務所(東京都千代田区有楽町2丁目10-1東京交通会館3階)
(7) 下記のコンビニエンスストアの全国各店舗(コンビニ収納用バーコードが印刷された納付書に限ります。)
セブン−イレブン、ローソン、ローソンストア100、ファミリーマート、サンクス、サークルK、セイコーマート、ハマナスクラブ、コミュニティ・ストア、生活彩家、くらしハウス、スリーエイト、セーブオン、タイエー、MMK設置店、ハセガワストア、ミニストップ、デイリーヤマザキ、ヤマザキデイリーストアー、ニューヤマザキデイリーストア、ヤマザキスペシャルパートナーショップ、ポプラ


○給与所得者の場合…特別徴収
給与支払者(会社など)が、札幌市からの通知に基づいて毎月の給与から税額を差し引き、これをとりまとめて納めます。納税者のみなさんには、特別徴収税額の通知書により税額などをお知らせします。

 納期:徴収した月の翌月10日まで
 ※「特別徴収税額通知書」の会社などへの発送日は、毎年5月17日頃です。

○公的年金受給者の場合…普通徴収及び特別徴収
前年度から特別徴収が継続していない方(初めて特別徴収の対象となる方など)は、税額の2分の1相当額を普通徴収の第1期および第2期に個人で納めていただき、残りの2分の1相当額は公的年金支払者が平成30年10月、12月および平成31年2月分の公的年金から税額を差し引き、これをとりまとめて納めます。
前年度から特別徴収が継続している方は、年金支払者が平成30年4月、6月および8月の公的年金から、前年度分の特別徴収税額の2分の1に相当する額を差し引き(これを「仮徴収」といいます。)、年税額から仮徴収の合計額を除いた残額については、平成30年10月、12月および平成31年2月分の公的年金から差し引いて納めます。
納税者のみなさんには、税額決定通知書などにより税額をお知らせします。

 納期:普通徴収…第1期:平成30年(2018年)6月18日〜7月 2日
            第2期:平成30年(2018年)8月16日〜8月31日
    特別徴収…徴収した月の翌月10日まで

■納税通知書は4期に分かれていますが、一度に全額納めることができますか?
市民税・道民税や固定資産税では、一括で納付できる納付書を同封していますのでご利用ください。
複数期分を納付する際は、期ごとに支払期限が定められていますので、1期から順にお支払いください。
当市では、市税を一括でお支払いいただいた場合の前納報奨金制度や減額などの特例制度はありませんが、早期納付にご協力いただきますようお願いいたします。

■個人で納付している市民税を、給与から差し引かれるように切り替えてほしい
(普通徴収→特別徴収への変更)
お手元の納税通知書をお勤め先の経理担当の方にお渡しください。その後、経理担当の方において手続きを行っていただくこととなります。
なお、納期の過ぎた税額につきましては切り替えが出来ませんので、納税通知書で納付することとなります。納期が過ぎていない税額に限り給与から差し引く方法に切り替えることができます。


<お問い合わせ先>
【各市税事務所市民税課市民税係】
 中央市税事務所(電話 011-211-3914) 担当区:中央区
 北部市税事務所(電話 011-207-3914) 担当区:北区、東区
 東部市税事務所(電話 011-802-3914) 担当区:白石区、厚別区
 南部市税事務所(電話 011-824-3914) 担当区:豊平区、清田区、南区
 西部市税事務所(電話 011-618-3914) 担当区:西区、手稲区

【中央市税事務所市民税課特別徴収係】(電話 011-211-3075)

※業務時間:月曜〜金曜の8時45分〜17時15分
 閉庁日 :土曜・日曜・祝日・年末年始(12月29日〜1月3日)


関連ホームページ
札幌市ホームページ:個人市民税
札幌市ホームページ:市税の納付場所
札幌市ホームページ:税の窓口

関連FAQ
1272 税金:自分で税額を計算してみるためのパンフレットなどはありませんか?
431224 公的年金からの個人住民税の特別徴収について知りたい

検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  7594

お問い合わせ
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp
このサービスは電話、FAX、電子メールからもご利用いただけます