よくある質問検索サービス
検索結果詳細

税に関する証明書の発行について

■税に関する証明にはどのようなものがあるの?
下記の5種類の証明があります。

(1)市民税・道民税証明(所得証明)
指定された年度(注)の所得金額、所得控除額の内容(扶養人数等を含む)、市・道民税の税額などを証明しています。証明内容によって以下の3種類があります。

 ・所得金額のみ
 ・所得金額と市・道民税額と控除の内訳
 ・所得金額と市・道民税額

(注)市・道民税証明(所得証明)の所得の内容と年度の関係は以下のとおりです。
  (例:平成26年度の証明→平成25年(2013年)中の所得)


(2)納税証明
市・道民税、固定資産税等の指定された年度の税目の課税額とその納付状況を証明します。
※法人市民税の納税証明をしますが、法人道民税の納税証明は、【札幌道税事務所】への申請です。

(3)課税証明
市・道民税、固定資産税等の指定された年度の税目の課税額を証明します。
※法人市民税の課税証明をしますが、法人道民税の課税証明は、【札幌道税事務所】への申請です。

(4)車検用納税証明
軽自動車の継続検査時に必要な証明です。

(5)固定資産評価証明
土地・家屋などの指定された年度の固定資産の1筆1件ごとの地積・床面積、価格、固定資産税および都市計画税の課税標準額などを証明します。

■どこで発行しているの?
【各市税事務所納税課】または本庁舎2階【税の証明窓口】で発行しています。

市・道民税証明(所得証明)、個人に係る市・道民税、固定資産税の課税証明及び納税証明は、【各区役所戸籍住民課】【篠路出張所(まちづくりセンター)】【定山渓出張所(まちづくりセンター)】でも取得可能です。
※お住まいの区の区役所又はお住まいの区を担当する【市税事務所】【区役所戸籍住民課】以外でも、発行できます。
※法人道民税の納税・課税証明は、市の窓口では発行していません。【札幌道税事務所】へ申請してください。

■請求する時に必要なものは?
証明書は、本人(同居の親族を含む)またはその代理人に発行しています。
証明書の請求時に必要なものは下記のとおりです。

(1)本人(同居の親族を含む)が請求する場合
 ・窓口に来られた方が本人であることを確認できるもの
  (【身分証明書】:運転免許証などの官公署発行の写真付き証明書
   または、健康保険証などで本人の名前が記載され、通常本人のみが所持している書類の複数提示)
 ・車検用納税証明の場合は、車検証(コピーでも可)
(2)代理人が請求する場合
 ・委任状(車検用納税証明の場合は、車検証(コピーでも可)でも可)
 ・窓口に来られた方が代理人本人であることを確認できるもの
  (【身分証明書】:運転免許証などの官公署発行の写真付き証明書
   または、健康保険証などで本人の名前が記載され、通常本人のみが所持している書類の複数提示)
(3)法人が請求する場合
 ・代表者印または代表者印が押印された証明請求書
  (代表者本人以外が窓口に来所する場合でも、使者とみなすため、委任状は不要)
(4)借地借家人が固定資産評価証明書を請求する場合
 ・窓口に来られた方が本人であることを確認できるもの
  (【身分証明書】:運転免許証などの官公署発行の写真付き証明書
   または、健康保険証などで本人の名前が記載され、通常本人のみが所持している書類の複数提示)
 ・借地借家人であることを確認できるもの(賃貸借契約書等)

(注)市税を納めた後、あまり日を置かずに納税証明書等を請求する場合、納税いただいた旨の通知が金融機関から届いていないこともありますので、お手数ですが念のため、領収書をお持ちください。

※請求用紙・委任状は、関連ホームページ(http://www3.city.sapporo.jp/download/shinsei/index.html)から申請書をダウンロードする事ができます。

■証明手数料について
・納税証明、課税証明、市・道民税証明(所得証明):1税目・1課税年度ごと1件につき400円
・固定資産(土地、家屋、償却資産)の評価証明  :土地1筆または家屋1件の1課税年度につき400円
                         (償却資産は1納税者の1課税年度につき400円)
・固定資産課税台帳の閲覧            :(借地・借家人が閲覧する場合)
                         土地1筆または家屋1件の1課税年度につき400円
                         (償却資産は1納税者の1課税年度につき400円)
・車検用納税証明                :無料

※使用目的により、手数料が無料となる場合があります。

■今年の所得(収入)についての証明は発行しているの?
発行しておりません。今年度の所得証明については、前年度の所得申告等に基づいて作成されるため、内容は前年の所得(収入)に対するものです。

■札幌から転出(転入)したのですが、税に関する証明はどちらの市町村で発行しているの?
所得証明、市・道民税に関する課税証明・納税証明については必要な年度の1月1日に住所のあった市町村から発行されます。
固定資産税に関する証明は、資産が所在する市町村から発行されます。


<お問い合わせ先>
【各市税事務所納税課管理係】
 中央市税事務所(電話 011-211-3912) 担当区:中央区
 北部市税事務所(電話 011-207-3912) 担当区:北区、東区
 東部市税事務所(電話 011-802-3912) 担当区:白石区、厚別区
 南部市税事務所(電話 011-824-3912) 担当区:豊平区、清田区、南区
 西部市税事務所(電話 011-618-3912) 担当区:西区、手稲区

【各区役所戸籍住民課】
 中央区役所 (代表電話 011-231-2400)
 北区役所  (代表電話 011-757-2400)
 東区役所  (代表電話 011-741-2400)
 白石区役所 (代表電話 011-861-2400)
 厚別区役所 (代表電話 011-895-2400)
 豊平区役所 (代表電話 011-822-2400)
 清田区役所 (代表電話 011-889-2400)
 南区役所  (代表電話 011-582-2400)
 西区役所  (代表電話 011-641-2400)
 手稲区役所 (代表電話 011-681-2400)

【税の証明窓口】〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 市役所本庁舎2階(電話 011-211-2233)

※業務時間:月曜〜金曜の8時45分〜17時15分
 閉庁日 :土曜・日曜・祝日・年末年始(12月29日〜1月3日)

【篠路出張所(まちづくりセンター)】 (電話 011-771-2231)
【定山渓出張所(まちづくりセンター)】(電話 011-598-2191)

<法人道民税のお問い合わせ先>
【札幌道税事務所】業務時間:平日の月〜金曜日 8時45分〜17時30分
【札幌道税事務所・税務管理部】〒060-0003 札幌市中央区北3条西7丁目 道庁別館2階(電話 011-204-5084)
 管轄:札幌市内全域の道税業務(自動車税及び自動車取得税を除く)

【札幌道税事務所・自動車税部】〒001-8588 札幌市北区北22条西2丁目1番30号(電話 011-746-1190)
 管轄:札幌市内全域の自動車税及び自動車取得税


関連ホームページ
札幌市ホームページ:市税の証明と閲覧
申請書ダウンロード:税に関する証明・閲覧
札幌市ホームページ:税の窓口

関連FAQ
1310 税に関する証明を請求する時に本人(同居の親族を含む)が窓口に行けない場合
1301 軽自動車の継続検査時に必要な車検用納税証明の発行についての手続きについて

検索トップに戻る 市役所トップへ戻る
FAQID  1315

お問い合わせ
札幌市コールセンター「ちょっとおしえてコール」 年中無休 8時00分〜21時00分
電話 011-222-4894(シヤクショ)
FAX 011-221-4894
Eメール info4894@city.sapporo.jp
このサービスは電話、FAX、電子メールからもご利用いただけます